楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
#182 俺たちのための金融システムは、どこにある?
JUGEMテーマ:資産運用
 

#180で気になり始めたマイクロクレジット(マイクロファイナンス)のことですが、だいぶ前のProsperに関する記事を紹介します。

そのProserの今のサイトはここです。数字が整理してあるのは、ここのページですかね。借り手のランクによって貸出金利や、焦付き度合いが違っていますが、トータルでは(平均的に分散融資すると)貸した人は10.43%のリターンが期待できるようです。

Properはアメリカ国内でのお金のやり取りのシステムですが、いろんな国に渡って融資をしている類似?のシステムとして良く紹介されているのがKivaですが、Kiva Japanというのもあります。ただ、こちら今ひとつ可能性を感じないのは、リターンがないんですね。そのままのお金が返ってくるだけで。

普通に考えて、この中間も存在するはずですよね。いろんな国に渡って融資をしている、リターンも期待できるネット融資システム。・・・誰か教えてください。アフリカでスポーツシューズを製造する企業に(ごく小額ですが)出資するのが第一希望です(#178のこだわり)。


ところで、融資を受けた経験無しで、よくわからないまま書くんですが、Properの上位ランクの借り手のように、年率10%弱でなら(おそらく短期中心に)借りたい日本の中小企業は結構あるんではないでしょうか(私も必要な場面はたくさん想像できます)。

そして、ランク上位の中小企業に分散してリスク回避した上で7〜8%のリターンが期待できる融資をしたい人たちも、非常に多くいるのではないでしょうか。(もう一度、このページをご覧ください。もしかしたら、何か大切なところを見落としてます?)

日本の銀行は何をやっているんだろうというような漠然とした感想と、日本の個人〜中小企業のための金融システムはつくればちゃんと儲かるんではないだろうかというような素人の感想と、それを世界に拡大していってくれる人がいればいいなあというような希望を持つのでした。

ところで、調べていると、Prosperアジア進出という昔の記事も出てくるのですが、これどうなっているか、その後の経緯など、ご存知の方いらっしゃいませんか?

ちょっと、怪しいことも書いているかも知れません。その辺も合わせていろいろご指摘いただければと思います。




#181 あまりに酷い内田樹の文章、添削しました。Chip Ecktonの爪の垢を煎じて飲ませたいとぶつぶつ言いつつ・・・。こんな文章売っていいのかよ?
JUGEMテーマ:教育


朝刊に『街場のメディア論』という本の広告があり、文章の一部抜粋も載せてありました。

よくないですよね。こんなのが、「ベストセラー10万部突破!」では。

で、その「一部抜粋」をこちらのページで添削しました

よい子たちが、ニセモノに対する厳しい目を養うことに、少し貢献したいと思いまして。



#178 こんなアフリカ援助でいいの? あるいは、アフリカで運動靴の製造ができないわけないだろう。
JUGEMテーマ:社会の出来事
 


アフリカに対するいろんな寄附がありますが、SMILE AFRICAというのが最近目立っているんでしょうか。

それを見ての、基本的な疑問はタイトルどおりです(まあ、運動靴がサッカーボールや蚊帳になっても疑問は同じです。食糧は多少違うでしょうか・・・どうなんでしょう)。


こういう寄附は、運動靴の製造に関連した現地産業の芽をつぶす傾向はないでしょうか。

あるいは、これは、(高機能)靴の魅力をより実感してもらい、靴需要への欲求をより高めるための施策でしょうか。その場合、その需要に応える新工場を現地につくることなどが、ちゃんと考えられているんでしょうか。

それでも、現地のおそらく零細な現存の靴製製造業者との関係をどうするのか、という疑問がありますが・・・





#167 グリコ パクリ された?(どうでもいいいといえばいいんだけど)


メロディーをパクるんだったら、演歌の方が世界的マーケット広いと思います、実は。インパクトもあるし。

このWavves、他の曲もパクリっぽいのばかりですねえ。見るからに、どうでもいいグループ。


と、パクリを前提に書きましたが、勘違い? 頭の中で回転かえてみると・・・


#159 Googleファシズム、まず日本で確立へ



少し前のこのニュース、全然大騒ぎにならないのは、まずいのではないでしょうか。

Yahoo!JAPAN、Googleの検索エンジンと広告配信システムを採用 正式発表」。


あるインターネットサイトが存在するかどうかは、検索エンジンに認識されるかどうかと、かなりイコールです。また、サイトの影響力は、検索結果の表示順位(つまり検索エンジンの価値判断)に相当影響されます。


日本語の検索エンジンをGoogle1社がほぼ独占するということは、日本語のサイトの価値評価だけでなく、そのサイトが存在するのかしないのかさえも、Google1社にほぼ独占されるということです。


WEBサイト制作の仕事を多くやっていると、Googleのエラーによって、サイトが突然、検索結果から消滅してしまうという経験をしばしばします。Googleのデータベース自体から消えてしまうわけですが、その原因について答えてくれる窓口など存在しません。理由はわからないまま、検索エンジンを騙そうとしていると誤解された可能性がある部分は全部修正をして、ひたすら検索結果に復活することを待つのみです(Google専用のタグを勝手に埋め込めるようなサイトの場合は、Googleに復活を請願するという道がありますが、理由を教えてもらえないのは同じです。請願先の担当者が見えるわけでもありません。私たち下々の者には。)。

で、あなたのサイトの検索エンジンデータが、意図的に消滅させられたとしても、同じ状態になるわけです。もし、あなたが政治家だとして、ネット選挙法が通過して今よりさらにホームページの影響が強くなったとして、そのデータが突然消えたら。と考えたら、わかりやすいでしょうか。

もっと穏当にやろうと思えば、消滅までさせなくても検索結果下位にしておけばいいわけです。5ページ目くらいより下になれば、ほとんど誰の目にも触れることはなくなります。

今なら「Yahooでは上位に来ているからまあいいか」みたいなこともありますが、それも期待できなくなるわけです。


たとえば、この記事のタイトルは、どのようにGoogleに認識されるでしょうか。Googleで「Google ファシズム」と打って検索してトップに出てこない状態になれば、明らかにそこには操作が働いているはずです(Googleの検索エンジンに認識されるまで数日かかる場合もあります)。もちろん、操作が働かないことを願っています。



しかし、独占禁止法が発動されない場合、その時点で、ゲリラ戦みたいなことしか可能性がなくなってしまうんじゃないでしょうか。構造として。(公正取引委員会も何をやっているんでしょうか。・・・アテにするなという宣言ならエライかも知れませんが・・・)


若かりし頃「公安」とかと戦う姿勢を示していた世代の皆さん。やはり、皆さんは「ニセモノ」という判断でよろしいでしょうか。これは心情的なことでなく、明らかに現実的なターニングポイント(つまり一方では大きなチャンス・・・まあ、常にチャンスと言い切るしかないわけですが)ですけど・・・。それを感覚できないのは、つまり「センスがニセモノ」です・・・・よね、She's Beyond Good And Evilさんが言い続けているように。




と言いながら、このブログもGoogleだらけです・・・

Googleの寡占は、将来的には、
Google にとってもネガティブ要因ですが、
誰が何を考えているんでしょう?

#146 スクラップすべきものと、これからビルドされるもの
JUGEMテーマ:経済成長


オフィスビルの空き室率が高いのは、それが何かを生み出すための箱になっていないからではないでしょうか。

掘っ立て小屋で地元野菜を売る店が年間数億円を稼ぐ時代に、3日でマクドナルドの建設が終わってしまう時代に、その中途半端なキレイさと頑丈さと快適さとセンスの無いデザインのオフィスビルに意味があるのか、とか誰も考えたことがないと思います。

これ以上のところについては、プロジェクト企画書のかたちで提出したいと思っています。できるだけ早く。

さて、日本で何が動いているのか、そのヒントは、「地球メンテナンス」見学で見つけましょう。


ところで、家の近くに好きなガソリンスタンドがあります。セルフ全盛の時代に、従業員がうじゃうじゃいるガソリンスタンド。そこに10分居れば、それで採算が成り立っている理由がわかります。

この辺も全部放り込んだ企画書にしたいと思っています。人間を舐めるんじゃねえ、みたいな感じのやつを。

#141 金融の現場は、相当さぶい?
JUGEMテーマ:株・投資


ファイナンシャルプランナーのセミナーに行ってきました。

テーマが「顧客ニーズに的確に対応するFPへ」。
サブテーマが「危機後の金融新秩序と世界経済の構造変化へどう対応するか」。

基調講演が「ポピュリズムと金融」(伊藤洋一)。
パネルディスカッション(1)が、「資産運用の現実とあるべき姿」(武田祐介、浅井秀一、神戸孝、根岸康夫)。
パネルディスカッション(2)が、「相続・事業承継の急所はどこだ?」(鈴木修三、竹内秀男、森満彦、吉田靖)。

会場に来ていたのは、ほとんど銀行の人たちだったようです。そういう前提で、パネラーも話をしていました。


基調講演は世界の金融がどういうロジックで動いているかを考えていく基調講演らしいものだったと思います。

また、パネルディスカッション(2)は、専門家の必要性がよくわかるものでした。私は、この会場の中では完全に顧客の方の側なので、「なるほど専門家に頼んだ方が間違いなくていいや」と単純に感心しつつ話を聞きました。


しかし、パネルディスカッション(1)は、さぶいものでした。議題が「資産運用の現実とあるべき姿」ですが、浅井氏のような自己検証の習慣が無い散漫な人が投資のアドバイスをしている「資産運用の現実」があり、証券分野の経験が豊富な他のパネラーも「あるべき姿」などは考えたこともない、ということがわかりました。

浅井氏をなぜ散漫な人と思うか、少しは説明しないといけないと思いますが、たとえば、「アメリカでは選挙の前の年に景気対策が行われるために、4年ごとに株価も上がる」という何度も聞かされた話を、自分が発見した現象であるかのように言うだけでなく、「だから来年は株の買い時」と平気で言ってしまうわけです。たとえば前回の2007年に買った者はどうなったか、ピークで買ってその後の大暴落を迎えることになったわけです。また、3回前の1999年も買って得な年ではありませんでした。
浅井氏のとんでもない話は、これだけではなかったのですが、この人が有名なFPのひとりというのは、どういうことなんですかね。まあ元々、FPという職種が、大きな範囲の分析力など期待されてはいないということなのかも知れませんが・・・。

神戸氏は、浅井氏の発言に呆れたことを婉曲に表明していましたが、彼も「資産運用のあるべき姿」については、考え始めている気配さえも見せてくれることはありませんでした。

彼らは銀行員達を前に「現場は売りやすいものだけ売っている」というような批判をするわけですが、代わりになる基準を提出することはありませんでした。


「資産運用のあるべき姿」という課題を設定した場合、「顧客のお金がどう動けば、日本(世界)がマシになるための力になるか」が、思考の開始地点になるんだと思います(FPがダメな予想屋になってどうするんでしょうか)。

そこについて考え始めなくては、身の回りの世界さえ持たない、そういう危ない時期にあるんではないでしょうか。ちょっと、まじめに勉強してみたい気持ちになりました。全く自分の分野でないような気もするんですが・・・。


#139 「誇り」の根拠探しなどしなくても、歴史は十分面白い
JUGEMテーマ:社会の出来事
 

古書を購入しようとすると相当高価なので、図書館で借りました。



『日本を愛したスパイ』(NHK取材班)1979年4月発行。モリス・バーグの話を教えてもらい、興味を持ったので読んでみようと思いました。

ここの説明がいいですね。

「・・・ドキュメンタリーは、小説と違い事実と事実の溝を埋めることが出来ない。ドキュメンタリーに徹すれば徹するほど溝は広まる。しかしそれゆえに読み手は、その溝の見えない闇を想像することが出来る。・・・」



ところで先日、家のポストに入っていた「反対集会」の案内チラシで、横浜市の中学校が以下の歴史教科書を採択していることを知りました。



一般に販売している本は、教科書に、執筆者やその他執筆者に近い人たちの文章がくっついています。ざっと目を通してみました。

これくらいの分量の教科書では、いろんな事実が歯抜けになるのは、仕方がないと思います。天皇家をヒーローにしようとする意図で無理やり構成されているところ以外は、だいだいこんなもんでOKではないでしょうか。

反対の立場の教科書も、今度見てみようと思います。

ただ、ひどいのは、教科書に付随している文章のいくつかです。「高貴な日本民族」。「日本人は世界の中で、美意識が突出している」。このような言葉を書けば必然的にアホと判定される理由が理解できていない人が何人かいます。

練習問題としては「日本民族」や「日本人」を「私」に言い換えて、笑われないかどうか想像してみるという方法があります。

そういう自画自賛を書きたい理由を前後の文章から探ると、執筆者自身が西洋コンプレックスにどっぷり浸かっていることにあるようです。あと、曖昧なことが並行して進んでいるリアリティーへの耐性の低さ、でしょうか。


歴史の中に、「民族の誇り」などの根拠を探すことは、明らかに無理を生じます。事実は希望通りではないからです。他人が希望通りではないのと同じように。希望は、事実に対して強いバイアスになることは、前もって強く意識しておくべきです。


ということで、学問の面白さは、事実の絡みの面白さにあるわけですから、それを歪める「希望」とは分けた方が良いのではないでしょうか。

というような話は、#134#137とも関連していますが、そんなことを「価値自由」ということで語った人もいたんですね(詳しくは知らないんですけど)。




そういえば「歴史」ということで、以下の場所で土器を見つけたのを思い出しました。中学生の時に。まだ、たくさん残ってるはずなので、どなたか気の向いた方は・・・。


より大きな地図で ここに以前、土器が埋まってたんですけど・・・ を表示

#138 差別することに高揚する人たちに語る言葉はあるか
JUGEMテーマ:人生論
 

西日本で育った人の方が、いろんな具体的な場面を経験している可能性が高いでしょう。




予想通り、Amazonの書評は、差別の現場・現実を想像できない人たちに乗っ取られかけていますが、40万部近く売れているところには、希望が持てるのではないでしょうか。

以前に書きましたが、世の中は結局フェアな方向に向かっていくんだと思います(#6)。だから、かなり意見は違うにしても、差別を無くす方に加担する方が、良いと思います。いろんな面で。


#128 進化論って本当?
JUGEMテーマ:人生論
 

動物園で、小学2年生に質問されました。

「ヒトはサルからできたというのは本当?」

自分の中で、整理されていることではないので、「よく知らないので、自分で勉強した方がいいよ」と答えておきましたが、動物園には、進化論は非常に怪しいのではないかと思わせる動物ばかりが集められています。

これら奇妙な装飾やかたちが、進化で発現し定着することがあり得るのか。誰かのアート作品と考える方が遥かに自然ではないか。


進化論よりもかなり短い時間のことですが、学校で習ってきた歴史にも、かなり疑問を持っています。疑問の一番の原因は知識がないからですが、教えてもらってきたことも、どうも不自然なロジックが多いような・・・。

それに、こんなことが、ずっと気になっています。まず、一瞬の宗教ありき。というような時系列。どういうことでしょう?


というようなことをワールドカップ見ながら書いてますが、今こうやって観ているサッカーって、どのような一瞬なんですかね?