楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #99 「9」のサイトで、あと1つ上ならグランプリだったのに、という賞いただきました。 | main | #101 ビジネス >>
#100 パンクの何が幸福か、あるいは経済成長の肝
JUGEMテーマ:経済成長
JUGEMテーマ:人生論
 


楽器が弾けないのにバンドを始めるというようなことが、ある意味典型的なパターンとしてありましたよね。それを装っていたバンドも多かったと思いますが、それを信じた多くの中学生がバンドを始めて・・・。それがパンクの肝だったのではないかと。

音楽とその周辺産業活性化の動力としては。


これがきっと、経済成長の肝ですよね。

教育の整備とかは、全然関係ないですね。肝心なのは、下手なことを下手なまま始めてしまう人間が増えること。

戦後のドサクサの勢いもこれですよね。


今は明らかにそれと反対の人間が増えすぎています。例えば私の周りにたくさんいる、マーケティングに詳しいと自負しているけど、自分でマーケティングなんかしたことがない人間とか。


下手なことをやると、どうしても規格外のものになるわけですが、数々の規格外のうち、ごく一部のセンスあるいは運のいいものが革新とか呼ばれるということでしょうか。

で、そのうちそれなりに上手になってきて、規格内ができることがうれしくなったり、下手なことを見つけ続けることが面倒になってくると、成長も終わると。


「技術大国」? コンセプトとして大失敗ですね。技術を高めることよりも、新商品を生むこと、つまり規格外を生む仕組みの方が産業としては重要なわけです。もちろん極め続けて規格外ということもあるわけですが、それはごくごくごく一部の天才かつ運のいい人の仕事なわけで、例えば私なんかにはハナから参入不可能なわけです。

で、じゃあ、代わりの産業育成政策コンセプトはあるのかということですが、同じ「大国」という言葉を使うなら、たとえば、こんな感じでしょうか。

「素人大国」。




ところで、今、『黒いTシャツと青い人生相談』を買うと、黒Tついてます。
WEBサイトの方の、「黒いTシャツと青い人生相談」で告知してます。

特に売り急いでいるわけでもないのですが、ちょっと、こういうこともやってみたい気持ちになりました。

なるほど〜!
「素人を装うのが難しくなったので」、ピストルズは解散したんですね。
演奏すると難しいですよ、ピストルズ。
「コピーできない部分」が。
私はやはり、「グレン・マトロック派」です。

逆に「素人を極める」「プロの素人」がラモーンズなんですかねえ?

「ターンテーブル」使って、何をやってるのかわからないっていう「チョイ悪熱血男声合唱団」みたいなのを、
「ブッ飛ばしてくれるパンク」の出現を望みます。
「ポンチャック」のほうが全然いいですよ。
バンド名「怒濤」 | 2010/03/25 05:02
どうもありがとうございます。

パンクあたりの本、いろいろ読みたいんですが、いつも翻訳が滅茶苦茶なものばっかりに当たってしまって・・・。かといって英語で読むのは気合が相当いるし・・・。

なんかいい本ご存知ですか?
山崎 | 2010/03/25 18:42
http://tinyurl.com/ykreora

これ、持ってればよかったなあ〜。
中古価格、見て下さい。

こういう本を、「図書館」は置くべきだと思います。

あと、グレン・マトロックの「オレはセックスピストルズだった」は、いいですよ。
(有)大衆イメージ | 2010/03/25 21:07
さっそくお勧め本情報ありがとうございます!
山崎 | 2010/03/26 01:43
【第114回“立川志ら乃と『談志最後の落語論』”論 前編】

http://www.voiceblog.jp/tokyo-pod/1056019.html

これって、「お探しのもの」に近くないですか?
She's Beyond Good And Evil | 2010/03/27 19:41
なるほど、おもしろいですねえ。いろいろ考えてしまいますねえ。

これから後編聞きます。
山崎 | 2010/03/27 21:55
後編聞きました。とりあえず「雨ン中の、らくだ」と、「談志 最後の落語論」注文しました。
山崎 | 2010/03/27 22:28
古典を真剣に考えてこそある、「改革」ですよね。
脳みそが痒くなるような。
それでいて、「真っ当」「オーソドックス」な。

まさに、「グレン・マトロック」

「べむべらこ」が言ってました。

「黒T青人」をチェックしてれば、「新ブログ」をみつけるのもワケないのに。

そうしてくれた人が、「本当」なんですよね。

「すべては歴史が証明する」
ジョー・ストラマー

面白いですねえ。
高杉晋作

まさに「談志はパンクにして正統」 | 2010/03/28 00:02
COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/88
TRACKBACK