楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #92 まあ、ある意味典型的なやり取り、あるいは『黒いTシャツと青い人生相談』拡散企画 その10 | main | #94 元東広美術工芸スタジオは、こんな風に生まれ変わりました >>
#93 いつかは川崎市民!あるいは、『黒いTシャツと青い人生相談』拡散企画 その11
JUGEMテーマ:人生論
 

川崎市立図書館のホームページで、『黒いTシャツと青い人生相談』を検索してみてください。既に借りている方もいらっしゃるようです。

She's Beyond Good And Evil(銭とオートバイ修理技術)さんの活動の結果としてこのようになっています。

図書館関連の私の活動の結果としては今のところ、「著名な作者でない」という理由での寄贈却下(横浜市立中央図書館)以後、他はまだ返事をいただいていません。おそらく今週末?


それはそれとして、少しずつでも先に進もうと考えつつ、まずは、自宅に千数百冊(約1立方メートル)を引き取ります。モノを目の前にして、触ったりすると、おそらく違うアイディアが浮かぶのではないかと。


ところで、「拡散企画」に入ってから、Amazonでは全く売れてません。こういうことやっているので、今、(需要と供給が出合う教科書的)市場価格を、かなり低いところにシフトさせてしまっていると思うのですが、理想としては、欲しい人たちに行き渡った時点で「化ける」というようなことになればいいなと思っています。

たぶん、この考えの影響受けているんだと思いますが。




地味なことをやり続けることへの応演歌(前半)
そして特に目ざましいことがなくても進むのでした(後半)

でたらめ書いてますけど。

COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/81
TRACKBACK