楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< #54 シュンペーター(シュムペーター) | main | #56 ハイリスク・ハイリターン幻想 >>
#55 元東広美術工芸スタジオ案件の経過
JUGEMテーマ:マーケティング


先週末に見学に来ていただいた、元東広美術工芸スタジオですが、子育て支援団体の方々には、どちらかといえば気に入っていただけたのではないでしょうか。

当然、即断というわけにはいかないので、今、検討していただいています。大方のNPOと同じく、ぎりぎりのところで活動されているようなので、たいへんだと思います。

新たなビジネスプランを考えられるわけですから、2〜3か月くらい検討されてもいいのではないでしょうか。

小規模の組織が売上を伸ばす鍵は、大抵の場合、(一生懸命な)活動を潜在顧客に目の前で見てもらう機会をどうやって増やすかです。

そして、直接目にしてもらうことの次に強いのが映像を見てもらうことです。

世の中の大抵の理解に反して、ネット社会を経たマーケティングは非常に単純になってくると思います(この辺については、また後日)。ある意味、人柄の勝負みたいなものです。もしかしたら、実態は、ずっとそうだったのかも知れません。それに関するデータが取りやすくなっただけかも知れません。


絵本屋さん志望の方も、子育て支援団体の方々と一緒に見学してくださいました(考えてみれば面白い出来事ですよね)。しかし、こちらは、住所地からかなり遠距離ということで断念。・・・ちょっと残念。





そこで、音楽やってもらってもいいな。

あ! そうですね。「音楽」っていいかも。
T.Murawaka | 2009/11/28 10:22
コメントありがとうございます。

また、思いついたこと、勝手に書かせていただきます。
山崎 | 2009/11/28 12:06
ゆくゆくは、子供たちが演奏してくれると面白いんじゃないでしょうか?

で、「レーベル」を立ち上げる、と。

コミュニティが「シーン」を形成する。

すみません。
思いつきを勝手に書かせていただきました。
She's Beyond Good And Evil | 2009/11/30 22:46
コメントありがとうございます。

ブライアン・イーノが若いときに属していた楽団が、クラシックのおいしいところ(例えば、「運命」のジャジャジャジャーン)だけを演奏するということをやっていたということをラジオかなんかで聞いたいい加減な記憶があるんですが、

「演奏」ということで、そんなことを思い出しました。
山崎 | 2009/11/30 23:13
「絵本」でも、子供たちは次のページをめくって、
「あっ!」とだけ書いてあるところが好きというか、
「待っている」みたいなところってありますよね。

子供って「ミニマリズム」が好きですよね。
年齢的な子供、だけじゃなく。

なんでそれが好きなの?
とは、絶対に聞こうとは思わせないのもすごい。

ただただ「好きだから」って答えるだけだと思うので。

なんでもない場所で、「弦楽四重奏」
聞いてるほうも演ってるほうも意識してないっていう場所が日本には少ないですね。
She's Beyond Good And Evil | 2009/11/30 23:46
COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/46
TRACKBACK