楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< #46 ちゃんと儲かるかも知れない絵本屋さん企画できましたよ | main | #49 熱燗ブーム。 >>
#47 大風呂敷化
JUGEMテーマ:マーケティング


#36、37、38、39、40、41、42、43、46で書いている物件の話です。また。

うれしいことに、育児支援団体の方からも、お問合せいただきました。今後、どのように進展していくかわかりませんが、絵本屋さんという事業にも興味を持たれているようです。


元々は、単に、そのスペースを借りていただける方を探すのが私の役目で、そこで何をするかは、借りる人の自由なのですが、

(勝手に突き進んでいる)企画のベースを、ちょっと、ここらあたりで整理しますと、どうも、これは、

「子育て支援NPOが、子どもあるいは子育てにより貢献しながら収入を確保するための事業プラン」

みたいなことになってきました(プラン内容は、しばらくブログには書きませんので、すみません)。


事業プランらしい事業プランにするには、調べること、計算することが多々ありますが、考えていてふと思ったのは・・・・・・事業プランができれば、これ、全国の子育て支援NPOの役に立ちます? 

まずは、広島県のごくごく平均的な街でのテスト、というようなことになればいいなと思っています。が、これ、きちんとやろうとすると(検討をきちんとしつつ、可能性を最大限広げようとすると)、少なくともチームで動かないと無理ですね。首都圏メンバーも含めて。

古アパート再生に続く、チームづくり・・・? 大げさに考えすぎているのかも知れないので、いろんな人に聞いてみたほうがいいですね。


そういえば、古アパート再生の方のチーム・メンバー(勝手にそう思っているだけなんですが)で、高橋電工さん、渡辺リースキンさん、デオデオ東広島店さん、ご紹介してませんでした。お会いしたことない方が多いですが、いつも、どうもありがとうございます。



すばらしい流れになってますねえ。


「風呂敷のキャパ」は余裕を持っておかないと。
いろんな「可能性」を包むんだし。

「首都圏」と「地方」ではなく、これも「ローカライゼーション」だと、勝手に思っております。

「プラン」のほうは、全然「想像もつきません」



>「子育て支援NPOが、子どもあるいは子育てにより貢献しながら収入を確保するための事業プラン」

これははやいうちに「ネーミング」しといたほうがいいんじゃないでしょうか?

「フェアトレード」(内容全然違いますけど)みたいに。こういう「モデル」の名前。

経済学賞でも平和賞でも、「ノーベル賞」候補に選ばれる時に困りますよ。
選考委員も困るしw
「個別」化? | 2009/11/11 01:25
どうもありがとうございます。

流れ、自分でも、すばらしいと思います。自分で何か見落としている感じもしなくなってきたんですよね。という状態は危険なことが多いので、全然関係ない人に話してみようと思ってますけど。


ネーミングと言われてわかったのは、どちらかといえば、前後で、ありふれた普通名詞の意味、というかその単語で浮かぶ映像とか思い出す感触が変わっている、みたいなことを目指しているのかと。後になれば、昔から、こんなだったような気がしてくるみたいな。

パラダイムシフトって言葉、昔ありましたっけ?・・・こんなこと書いていて、プラン知ったら笑うと思いますが。

あ、タグラインだけは考えてます。

と、なぞなぞのようなことを書いていて、とても息苦しいです。・・・すみません。


これ、のんびりやろうと思ってたのですが、誰よりも先にかたちにした方が、交渉とか諸々の条件が格段に楽になりますねえ。なるべく急ぎます。
山崎 | 2009/11/11 02:58
COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/39
TRACKBACK