楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< #33 多様性がチームワークを強くする仕組み | main | #35 なぞなぞだらけの回 >>
#34 面白くないスピーチを面白くする方法?
JUGEMテーマ:マーケティング





http://www.speechbreaker.co.uk/


ロンドンの広告代理店Lean Mean Fighting Machineが、イギリスの自由民主党のためにつくったサイトです。

上の「BROWN」をクリックすると、労働党のブラウンが登場します。まわりにある脈絡があるのかないのかわからない単語を並べると、並べた通りにしゃべります(動画が自動編集される)。支離滅裂な笑えるスピーチになります。

「PREVIEW」ボタンを押してできあがりをチェックできます。また、いいものができたらYou Tubeに投稿するためのボタンがついています。友だち?にメールで送ることも可能です。

You Tubeのチャンネルはこちら

子どものころ、5W1Hをそれぞれ別人が書いて、それを組み合わせて読んで遊んだ方も多いと思います。それに近い感じでしょうか。あるいは、バラバラの単語を自由に並べて詩をつくるキットがありますが、そんな感じもあるでしょうか。が、動画がある分、はるかに大馬鹿なスピーチが出来上がります。拍手(APPLAUSE)を加えるタイミングが結構鍵でしょうか。

ブラウンと同じように「CAMERON」をクリックして、保守党のキャメロンのアホなスピーチを作成できます。

で、このサイトのクライアントである自由民主党のクレッグ(CLEGG)を選ぶと、極端に単語が少なくなり、「自由民主党に投票しよう!(拍手)」以外に、こちらは並べ方を変えても面白くありません。



でたらめな編集になっても、動画って、実際にそんな風に喋っていたような気がしてくるんですよね。


これ、もっと、応用が可能と思いますけど、どうでしょう?
COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/26
TRACKBACK