楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #205 なりたい職業「自営業」。という小学時代の将来の夢は叶えてしばらく経ったものの・・・ | main | #207 人間の価値は、預金額とは関係がない。で、預金額は何と関係があるか。で、それは、もちろん人間の価値と関係がないはずなんだけど・・・。 >>
#206 ホリエモンでもいいよ。やってくれるなら。
 JUGEMテーマ:資産運用


山崎種二をモデルにした城山三郎の『百選百勝』を読んでいたら、こんな文章がありました。


 豆二が売り一方になったのには、それだけの理由があった。
 買い占めや買い漁りをやれば、結果は、米価をつり上げ、庶民の生活を苦しめることになる。それよりも、相場の世界では仮にうらまれても、売り浴びせによって値を下げることになれば、庶民によろこばれることになるのではないか。
 それは社会主義をうんぬんするというより、貧しい家に生まれ、「米の飯を腹いっぱい食いたい」と思い続けてきた豆二が、痛烈に肌で感じる理屈であった。


豆二というのが種二で、まあ、小説なので、実際の種二とどの程度関連のある言葉かわかりませんが、これを読んで思い出すのが、穀物価格と飢餓人口との強い相関関係です。

穀物相場で売り浴びせることに意気を感じるような大金持ちはいないんでしょうか。

金という、価値とは全く関連のない単なる数字を、こんなことのために、使いこなせるというような。




ますます文章とは関係ないですけど・・・
COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/186
TRACKBACK