楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #203 経済学の参考書 | main | #205 なりたい職業「自営業」。という小学時代の将来の夢は叶えてしばらく経ったものの・・・ >>
#204 価値と価格の無関係さから出発したらいいのかな
JUGEMテーマ:人生論
 

Chip Ecktonの「人間の価値は、預金額とは何の関係もない。」という言葉が以前に、関ジャニのラジオ番組でちらと紹介されたそうですが、

考えてみれば、あらゆる「価値」とあらゆる「価格(あるいは金額)」とは、実際のところ、何の関係もないわけです。そこに関連付けしようとすることで、経済学も、買い物のような普段のいろいろな場面での思考も、混乱をきたしています。価格と関連があるのは、「錯覚された価値」であって、「価値」ではありません。「価値」は数値表現自体が不可能です。何本かの座標が設定できるものではありません。

という文章が非常にややこしい感じがしたら、最初のChipの言葉に戻って、「人間の価値」に数値を設定する努力をして、その結果のくだらなさを実感してみるのはどうでしょうか。


しかし、「価格」に対する「錯覚された価値」の呪縛や痕跡から逃れている経済学など、というか、思考体系自体が、まだ無いと思います(昔はあったのかな?)。あったら教えてくださいね。その辺を勉強したいと思っています。


COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/183
TRACKBACK