楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #191 利他心と自由 | main | #193 「無償労働価値説」、そして「無償労働集約型産業社会」。つまり資本主義社会以前という現実。 >>
#192 そういえば、ソーシャル・マーケティングってあったよな、ということで
JUGEMテーマ:マーケティング
 

ソーシャル・マーケティング(社会派マーケティング・・・通常の訳は違うのかな?)のことをうっかり抜かしてました。自分の読書リストから、ずっと。

気づいたときに何かしないとすぐ忘れてしまうので、本を探しました。

ソーシャル・マーケティングといえば、60年代末以来コトラーですが(読んだことないのに偉そうに書きますけど)、昨年出た本の翻訳も出てるんですね。



読んだ感想を書いたほうが、記事としてはいいと思うのですが、書いておかないと読まないような気もしたので書いておきました。







COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/172
TRACKBACK