楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< #187 まだ言葉になっていない社会システム観を感じる場としての日本代表サッカー、あるいは言葉になんかならない? | main | #190 「やっぱり難しい国なのかなあ」という感じ・・・ >>
#188 記号または情報のエネルギー、あるいは、エネルギーを吸い取る情報について
JUGEMテーマ:社会の出来事
 

記号がエネルギーを持っているかのように見える瞬間のことを調べようと思ってネット検索したら、最近発表された以下の研究報告に突き当たりました。

情報をエネルギーに変換することに成功!“マックスウェルの悪魔”を実験により世界で初めて実現。新規ナノデバイスの実現に期待。中央大学 東京大学


【実験概要】の5行目からに「壁を置くのに理想的にはエネルギーが必要ないことが知られている。」というところがありますが、

おい、そんなわけないだろ?


これ読んで、調べるエネルギーが無くなりました。



COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/169
TRACKBACK