楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #179 くだらんTシャツ発売したんじゃ。 | main | #181 あまりに酷い内田樹の文章、添削しました。Chip Ecktonの爪の垢を煎じて飲ませたいとぶつぶつ言いつつ・・・。こんな文章売っていいのかよ? >>
#180 「金融立国」って物笑いの種なの?
JUGEMテーマ:貧困・飢餓
 

リーマンショック以降特に、「お金=悪」みたいになってますが、奇妙な寄附活動をいろいろと眺めていると、「正しいのは、寄附よりも投資じゃないの?」と思えてくるのでした。まあ、「投資」の方が考える必要がありますから、面倒くさいのはわかるんですが・・・。

グローバル社会の中で利益(他国からの需要)を稼ぎ出せる新しい産業がなかなか十分には起こってこないために家計がどんどん怪しくなっている日本ですが、他国から需要のある一番の持ち物は「お金(まだ強い円)」ということになるんではないでしょうか。私たちはあまり持ってないかも知れませんが、おじいさんおばあさんのところには、ただ「ある」だけの「お金」がたくさんあります。

たとえば、それらの金が限りなく利率0%に近い銀行口座や箪笥から出て行って、現状、年率20%近くで貸し出されている発展途上国のマイクロクレジットに、あるいはもっと大きな投資に回って行くと、世界と日本は、どんな風に変わっていくんでしょうか?

まあ、マイクロクレジットへの出資者となっても、現状はたぶん、多くて2%くらいのリターンだと思うのですが(貸し出しのための経費が嵩むため)、そういうシステムを整備して経費を圧縮するのは、日本人はとても得意だと思うのですが・・・。

そういうことすると世界は、余計悪くなる?



諸外国の考え方というか、「感じ方」が日本では逆のような気がするんですよね。

「投資=悪」というか「がめつい」とか「強欲」というか。
「寄付=善」

でも、「財団法人」として「運用益」を「寄付する」って形とか、「寄付?をするために運用・投資する」っていうのが「一般的」なんではないんでしょうか?

「税制ももっと優遇されるし」

「投資」というもの、言葉に対する「後ろめたさ」「ネガティヴな感情?」を、もっともっと「真剣勝負」とか「ドライにやっていいじゃない」という方向に持っていくのも、本来は国家が「策略」してもいいんでしょうけど。

おっしゃる意図とは違うのかもしれませんが、
「寄付に対するリターン(望むべきではないんでしょうけど)」と、「投資に対するリターン」も
「大きくは違わない」
「はずだと、僕は思います」

資源がないと言いながら、
潤沢にある資源を使えてない日本は、
「異質な考え方」
「ユニークな視点」を
「真剣に討議できない国」なんだと思いますよ。

「このカネ使って、俺をもっと儲けさせてみろ!おまえの会社でっかくして」みたいな「タニマチ感覚」って必要なんだと思います。
もっと下品な言い方すると、「カネはないけど」
「成金」「成り上がり」的感覚。

このエントリーを読んで、「CMに出過ぎてる矢沢永吉にイライラするのはなんでか」がわかりました。

「成り上がっちゃった者」が未だに「成り上がりたいと思ってる感を滲み出させようとするのはやめてほしい」と「ガッカリしていた」んですね、僕は。
She's Beyond Good And Evil | 2010/11/09 00:10
いつもありがとうございます。

宗教や伝統みたいなもののプレッシャーが強いところ(つまり日本以外の多くですが)では、「恥ずかしくない金儲け」に見せなくてはならないプレッシャーが強いと思うんです。その「恥ずかしくない金儲け」の「恥ずかしく無さ(名誉)」がさらに「寄附」で担保されると言う感じでしょうか。でも、これだと精神的には非常にバランスが危ういんで、みんな良く転びます。でも、それが現実の複雑さだと思うんですね。多くは偶然に金持ちになってしまった恐怖感もあるし。

で、日本では、「恥ずかしい(何の葛藤の形跡もない、受け手のことさえ考えていない)寄附」真っ盛り。なんで「恥ずかしい金持ち」の真似をしているのか良く分かりません。金持ちでさえないのに。


複雑さを抱えている、いわば良い小説や映画の主人公になりそうな人を、ちゃんと良い小説や映画にするようなところから出直せばいいんでしょうか。


「倫理」の問題ですよね。たぶん、「倫理」というのは、ちゃんと複雑さを見続けるという態度なんじゃないでしょうか。

outsidervoice | 2010/11/09 01:18
>「恥ずかしくない金儲け」

それがこれです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%80%AB%E7%90%86%E3%81%A8%E8%B3%87%E6%9C%AC%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%81%AE%E7%B2%BE%E7%A5%9E

彼等はプロセスを「ゲームのように」楽しんでいる。
いい意味でも、悪い意味でも。
禁欲的資本主義、あるいは「禁色」という「ミシマイズム」 | 2010/11/09 17:21
この本も関係ある話なのかなあ、と思いつつ、私は、まだちゃんと読んでないので・・・。読まないといけません。
outsidervoice | 2010/11/09 22:55
COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/161
TRACKBACK