楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #176 危機ゆうたら楽しいもんじゃろが、昔から。 | main | #178 こんなアフリカ援助でいいの? あるいは、アフリカで運動靴の製造ができないわけないだろう。 >>
#177 明日から用の企画
JUGEMテーマ:人生論
 


#119で書いたことがずっと課題として残っていました。私の中には。


ベストな「作業場」について、ずっと考えていました。

「作業」自体に発見と楽しさと息抜き効果と治療?効果があり、できあがったものがまたそれを購入する人たちにも発見と楽しさと息抜き効果と治療?効果をもたらし、さらにすごく儲かる。作業場の人たちの生活を豊かにして、さらに次の出資もできるくらいに。というような「作業場」についてです。

場所の候補のひとつは、ここです。しかし、まあ、どこでもいいです。具体的な場所を想定していた方が具体的にイメージできるので、とりあえずそこにしています。

そこではミツバチの話書いていますが、それは自然相手の「作業」候補のひとつですが、製造「作業」でできあがるモノのプロトタイプを、今、自分で作っています。

大人にも子どもにも同じくらい難しい運動神経が必要な玩具です。また、かたちに自由度があり、つくる人のイメージに沿って、世界でひとつのモノができあがります。つまりアート作品でもあるわけです。


まあ、こんなものを親たちにつくらせてしまう保育園に娘が3年通っていると、いろんな技術を自然に覚え、いろんな構想も溜まってくるわけです。


おそらくこの企画は、「作業療法」の世界に近づいているのではないかと思うのですが、私にはそれについての知識も経験もないので、よくわかりません。

ということで、できれば来年4月から「作業療法士」の勉強をしたいと思っています。

4年間は長すぎるような気もするのですが、その間に、もっと知識を得た上でのプロトタイプを10種くらい作れればいいでしょうか。あと、仕事もして生活費稼がないといけないわけですが・・・。

まあ、この構想を自分だけで考える必要は全く無いわけですが、まず企画者が本気になっていないと、誰も信用してくれないので、信用を得るまでは、自分でやってみます。

(ほんとは興味を持ってくれる人がたくさん居ることは知っていますけど・・・)


あと、その「作業場」でつくられるものについては、全世界に向けて販売できればと思っています。ebayが日本再進出に本気で取り組んでいることもありますし。



COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/158
TRACKBACK