楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #169 ある組織や人について、「創造力」という検証不可能なことの不足を嘆く人間は、その組織や人の自信を打ち消しておきたい欲求に突き動かされている | main | #171 長谷部が高速ドリブルを積極的にし始めた記念すべき試合。あるいは、個性は発揮する意味(属している組織にどう役立つか)が見えてこそ、より発揮されるということ。・・・だって大人だし。 >>
#170 Chipのようにケアの勉強(後ほど実践)をしてみようと思う
JUGEMテーマ:日記・一般



友だちがブログで「青い人生相談#21」に関係したことを書いていたので、さっそく読み直したんですが、Chipの言葉の意味について、今やっと気づいたことがたくさんありました。

翻訳したし、もちろん、今までにも何度も読み返しているんですが、私はChipの精神とは、相当の距離がある人間なので、後から意味がわかるということの繰り返しです。

相談者に対する想像力が、まったく違うわけです。元々の素養みたいなものの違いも大きいですが、彼が、この人生相談を書いている時期は、ずっとかなりしんどい介護の仕事をやっていた時期で、まあ、友だちなんで愚痴も聞くわけですが、彼の性格ですから、それに全く真剣に立ち向かっていたことも、彼の言葉を分厚くしている要因ではないかと思います。

というようなことと、このブログで書いたことや書いていないことなど他のきっかけ(くすぶり)も加わって、ケアについて勉強(もちろん最終的には実践)するために学校に行きたいと考えています。「その歳で?」というのが普通の反応の年齢ですが。

Chipと自分を比べた場合、自分には全然向いていないような気もするのですが・・・、自分の周りだけ見ても、ケアが全く足りていないし・・・。

まあ、すぐに気が変わる可能性もありますけど、一気にリサーチして、学校を絞ったところです(一番の選択要因は学費)。あと、入学拒否される可能性もあるし・・・。





ところで『黒いTシャツと青い人生相談』。こんな人たちに渡していただきました

COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/152
TRACKBACK