楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #159 Googleファシズム、まず日本で確立へ | main | #161 変? だったら、そこに未来が。 >>
#160 もし高校サッカーの女子マネージャーがマズローの『マネジメント』を読んだら
JUGEMテーマ:オススメの本
 

訳はいいのですが、「完全に」タイトルを付け間違えた本です。↓
正しくは、『マネジメント 〜その現実と希望についてのMEMO〜』でしょうか。・・・ほんとです。


「マズローの欲求の5段階説」のピラミッド図をさらっと雑誌かなんかで見て、マズローを把握したと思っている人が、やたら多いと思いますが、ドラッカーよりも現実的な可能性を、当座の不可能性をきちんと見つめながら細かく検証していこうとしていった人なので、簡単な図にできるような思考は、実際には行っていません。


で、この記事のタイトルのように、

「もし高校サッカーの女子マネージャーがマズローの『マネジメント』を読んだら」(9/8にタイトル修正、野球→サッカー)

どうなるかですけど、
その場合のストーリーは、
社会全体の変革を強く志向しつつ終わる、みたいなことになります。


ドラッカーよりも現実的な可能性を考えていたという話と矛盾するように思われるかも知れませんが、「現実的」思考の結果が、こうなるわけです。

マズローは、ドラッカーよりも「キレイごと」「絵空事」思考を避ける傾向が強かったので、何かを変えたいときには、スイッチを押すようにパッと簡単には行かないこと、広い範囲に渡る人や組織を巻き込みつつ、試行錯誤を繰返しながらゆっくり進まなければ、変革の定着はありえない事を強く意識していたんですね。


あと、このストーリーでは、サッカー部は特に強くはなっていないかも知れませんね。しかし、サッカーをやる充実感、幸福感は高まっているはずです。それが周囲の世界にもなんらかの影響を与え始めています。

世界の様々な要素は、サッカーチームの各メンバー、各プレーと同じく、有機的につながっているのでした。



COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/143
TRACKBACK