楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #149 東広島市役所の人たちが親切で優秀な件と、(多くの企業の不合理について) | main | #152 きちんと事業を始めます(その2)人の余剰について >>
#150 思いつくことはやってみようと思った炎天下の外苑前
JUGEMテーマ:人生論


タイトルが、なんか今までの傾向と異なりますが、#147で書いた外苑前へ、最新号「THE BIG ISSUE JAPAN」を買いに、そして、献本しに、行ってきました。

仕事中の植村さんでしたから、少しだけ話を聞きました。自分なりの文章を付けて販売している人は、都内だけでも何人かいるとのことです。ある人は、A4いっぱいに、ある人は、もっと小さな紙に。今まで、私は、その販売者に会う機会がなかったわけですね。植村さんも、以前の販売場所でもコラムを付けて販売していて、販売場所を移ったので、また創刊準備号から始めることにしたようです。

植村さんと話した後に、すぐ近くの本屋に入って3つほど企画の素?を思いつき、マクドナルドに入ってPC広げて、そのうち2つを知り合いにメールしました。


送っていない1つは、まあ一人でやってみるしかないだろうというような趣味的な企画です。以前にも、少し考えましたが、『黒いTシャツと青い人生相談』を音楽にするというもので、それは、こんなスタイルを意識してやればいいかなと。QY70も使ってやるわけですが。
 





COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/134
TRACKBACK