楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< #146 スクラップすべきものと、これからビルドされるもの | main | #148 高屋堀の荒地の件をもっと具体的にイメージしていただくために >>
#147 「THE BIG ISSUE JAPAN」を外苑前で買うと、もれなく付いてくる
JUGEMテーマ:経済成長
 


創刊時から、その存在の意味を認めている「THE BIG ISSUE JAPAN」。ホームレスが販売し、定価300円のうち160円を収入として得る仕組みです。

私が街角で販売者と出合うのが、1ヶ月に1回くらいなので、今までに出た半分を読んでいる感じでしょうか。正直言って、記事内容については「もっと、深い記事を並べて欲しいんだけどな」と思うのですが(追記・・・特集は頑張っていると思うんです。連載のコラムニストがもう少し頑張れるのではないかと・・・)、今後に期待していますし、仕組みの方に買う理由があります。

そういえば以前に、この販売網に、『黒いTシャツと青い人生相談』だったか、黒いTシャツの方だったかを乗せてもらう相談をしたことがあります。そのとき、どういう話になったか、ちゃんと思い出せないのですが・・・。


さて、一昨日は、外苑前で販売者に遭遇したので買いました。そしてパラパラめくっていると裏表紙の内側に(呼び方ありましたっけ?)、ポストイットに糊付けされた(黄色い映りがそれ)紙が、くっついていました。


創刊準備号ですね。雑誌を買うと販売者の個人誌が付いてくる。

このアイディアを応用した方々は、彼あるいは、社会にきちんと還元するようにしてくださいね。


とんでもない「媒体」を見つけましたね。
「明朗会計に対して支払うフィー」
さらに「付加価値」「方法論」

とんでもない「ライバル」があらわれました。

必ず「確認」に行きます。

これ、「商業誌」でも「マネされちゃいますよ」
「小悪魔AGEHA」とかに。
She's Beyond Good And Evil | 2010/08/07 23:32
全部、「手書き」なんでしょうか?
だとしたら、「とんでもない労力」だ。

彼は「政治家」になったほうがいい!
She's Beyond Good And Evil | 2010/08/07 23:34
手書き?いやまさかね。ということで、消しゴムでこすってみました。さすがにコピーでしたが、わざわざポストイットに糊付けしてあるのと、この文字の感じで、手書きにすごく近い感触です。

うーん、次回のコラム、何が書かれるでしょうか。
山崎 | 2010/08/07 23:56
これは「THE BIG ISSUE JAPAN」は「把握してる」んでしょうか?

「表現方法が変わる」というか、
媒体の利用の仕方が変わる、ということは・・・、
みたいにならないですかね?

お考えになられている「テーマ」ともシンクロしませんか?

「パンクロック以来の衝撃」

自分のなかで「鳴り止まない」「何か」を
久しぶりに「目の当たりにしそうな予感」がします。

マジで「やられた」

よく見つけましたね。
She's Beyond Good And Evil | 2010/08/08 23:55
「THE BIG ISSUE JAPAN」が把握しているのかどうかなど、今度会ったときに聞いてみようと思います。

確かに、今までのいろんなテーマと深くつながっていると思います。と言っても、うまく整理できてないですが・・・。

出会ったのは偶然ですね。たまたま外苑前で打ち合わせがあって・・・。
山崎 | 2010/08/09 10:45
COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/131
TRACKBACK