楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< #135 この無意味な選挙と政治の、改善案 | main | #137 ROCKS OF AGES その2 >>
#136 打開者 【J特】
JUGEMテーマ:人生論
 

スペインが優勝すれば「スペインを見習え」と何の疑問もなく言ってしまう有名解説者が存在する一方で、『サッカークリニック』誌などに登場する現場の指導者たちは正しい方向を向いています。

彼らの指導の方向とはこうです。

相手の能力と味方の能力を的確に総合的に判断し、勝つための方法を自らそして仲間と考えることのできる選手を育てること。たとえサッカーがうまくならなくても、将来の役に立つように。

上記の思考と対峙させると、「スペインを見習え」がいかにつまらない(全く楽しくない)思考か、説明するまでもないと思いますが、サッカーの現場には、日本を変える力があると思います。

きっとこれから多くの「打開者」たちが育ってくるのではないでしょうか。


COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/120
TRACKBACK