楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #132 Jリーグを、4年後のための実験場に | main | #134 ROCKS OF AGES >>
#133 「Jリーグ特命PR部」入部(私を知っている人は笑うかも知れませんけど)
JUGEMテーマ:Jリーグ



せっかくなので、周りの様子を見ながら、和を乱さないながらも、周りとはちょっと違う部員になってみたいと思っています。

今後タイトルに【J特】とあるものは、この部活動の一環です(あ、#132にも付けときますね)。

とりあえず、ご報告のみですが、この部活動に興味のある方は、こちらをご覧ください

すみませんが、私は詳しいことは知りません。が、興味が湧きました。


最初に書くことではありませんが、もし、退部の場合は、またお知らせします。




全然関係ない歌ですけど。

で、9/8退部しました。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%E6%AD%A6%E6%99%BA%E5%B9%B8%E5%BE%B3&aq=9&aqi=g10&aql=&oq=%E6%AD%A6%E6%99%BA&gs_rfai=

え〜、この人は将来、日本経済新聞社の社長になるべき人だと思っています。
でなきゃ、「つぶれるよ、日経」

日経新聞で「読める」「読むべき」記事は、この人の署名記事とスポーツ欄だけ。

サッカーという至福 (日経ビジネス人文庫)

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E8%87%B3%E7%A6%8F-%E6%97%A5%E7%B5%8C%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E4%BA%BA%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%AD%A6%E6%99%BA-%E5%B9%B8%E5%BE%B3/dp/453219122X

バイブルですね。
「神」なんか見たことない者の。

第二章「Jリーグを考えよう」

ぜひ読んでみて下さい。
これだけは自信をもってお勧めできます。

「読むべきだ」と。
| 2010/07/04 22:12
「サッカーという至福」読んでみます。

でも、実は、日経のサッカー記事が、サッカージャーナリズムに大きな疑問を感じるようになった、一番大きな要因であったような気もしてます。具体的に覚えていないんですが・・・、毎日来ている新聞は日経なんで。今、ワールドカップ期間中は2人で書いているんですかね。

自分がサッカーのことをブログに書いてもようかなとちょっと考え始めたときに目の前にあって、サッカーから遠ざかる記事スタイルの典型みたいな感じがした(「ああ、これとちがうことやってみようかな」と思った)のは覚えています。書いている本人の話ではあるけど、サッカーを見た上での話ではないみたいな。野球でもアメフトでもこの人は同じこと書くだろうみたいな。

あと、もっと細かく書くと、この刻々と変化している日本代表というチームの現在を見た(感じた)上での話ではない、みたいな。サッカーについて書くことを仕事にしている割には、感覚器官と解釈が大雑把過ぎるだろうと、まあ、批評する側は勝手に思ったわけです。


複雑な同時進行という現場をもっと感覚しやすく楽しめる文章スタイルがあるんじゃないかという机上の空論がひとつの目標ですが、チームの機能もその中で表現できたら、たぶん、それって、経済現象とかそんなことの表現にも応用できますよね。

もっと、至近距離のことでは、流れの中で点が入るときって、その10秒くらい前になんとなく感じるじゃないですか。それは文字にしたら、どんなことなんだろうかとか・・・。

まあ、記事を仕事にしている人は、そんなことをしようとはしないだろうと思うので、別に失敗しても何のことは無い自分がやってみたいなと。

大抵のスポーツはちゃんと言葉で伝えられないものですが、その中でも特に難しいだろうサッカーの語り方を考えてみるのは、答えが見つからないということで、飽きることも無いですよね。

あと、良い観衆になりたいんですね、自分としては。良い観衆になるには、というのを常に考えておきたいなと。

これについてもう少し細かく定義すると、昔からは考えられないくらいに無茶苦茶うまい今の選手達にとっての、良い観衆ですね。


以上、高邁なことを書きましたが、まずは、お勧めの本、じっくり読んでみます。
山崎 | 2010/07/05 01:07
ボクも「4年間?」ぐらい日経を読んでないんですよねえ。

知っているかぎり、「吉田記者」と「武智記者」だと思うんですが、もう違うのかな?

>経済現象とかそんなことの表現にも応用できますよね。

まさにそのとおりで、「応用できないもの」は面白くないですよね。
「応用」というか「関連付けできないもの」は。

「南米蹴球事情」みたいな本の「アジア版」、もしくは「Jリーグ版」だって、「なきゃおかしい」と思うんですよね。


このチームなんかがやんないかな〜、とかって思っています。

http://zelvia.jp/
She's Beyond Good And Evil | 2010/07/05 14:36
Zelviaいいですね。

これのスポンサー紹介ページ見てて思ったんですが、近所の神社へ寄付して、石柱に名前が刻まれるみたいなノリと同じですよね。

神社の代わりにサッカースタジアムがある、ということで考えていけば、いろいろと的確な施策を立てやすいように思いました。

こういうことに出す金のためなら、金持ちになりたいな、と思えます。
山崎 | 2010/07/05 23:38
COMMENT









Trackback URL
http://memo.outsidervoice.com/trackback/117
TRACKBACK