楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
#45 良い企業動画のつくりかた
JUGEMテーマ:マーケティング


(「企業動画批評」というようなブログをつくってそちらに書いてみた記事ですが、良く考えたら、わざわざブログを分けるほどのことではないので、こちらに書きます。)


不景気を嘆いたところで1円にもならへん。
動画を使って、元気で明るい「我が社のウリ」を発信しよう!

という大阪産業創造館の掛け声によって集まった(おそらく)70本の1分動画が、10月28日から11月27日までYouTubeの大阪産業創造館チャンネルにアップされているようです。

最初は、なんとなく楽しめますが、そのうち疲れてきます。理由は、まあ、あまり面白くないから。


しかし、試みはすばらしいと思います。動画コミュニケーションが中小企業にとっても大切になってくるという読みも正しいと思います。

ただ良いコミュニケーションができる動画にするためには、企画のたて方を変える必要があります。


全部見るに至ってませんから、無責任な批評ですが、その中で、方向として正しいと思ったのが、ベランダガーデニングカルセラSHOPのガーデニングベンチのCMです。これ1分でなくて30秒ですが、このように扱う商品の良さやそれに対する愛情を素直に表現するところから出発するが、販売という目的に対して一番近道ではないでしょうか。


つくるからには、すごくインパクトがあるもので話題になるというのも狙いたいところですが、そこを目指しても、何かの技能の向上とかには、結びつかないような気がします。


動画企画と制作のスキルを確実に積み重ねていけるだろう、シンプルな方法を考えてみました。自分の、割とうまくいった経験や行き詰った場面を思い返しながら。


1.まず、商品をわかりやすく丁寧に表現したものを考えてみる(ガーデニングベンチのCMがこの段階です)。

2.それを、商品をとても愛してくれる人のストーリーに変えていく。

3.で、そこからまた離れて、商品の良さについて考え直してみる。で、また、受け手の方に戻るみたいなことを繰り返しながら、気になったアイディアを残しておき、変であること、特殊であることを恐れずに、自分でしっくりくることだけを目標にしてブラッシュアップしていく。

4.ブラッシュアップを永遠にやっているわけにはいきませんから、時間切れになったら、そこまででベストの企画をとりあえずかたち(動画)にしていく。低予算の動画、特に自分達で作るようなものの場合、予算的には失敗してもそんなに痛くありませんし、動画をつくることによって、また発見できることも多々あります。

5.そして、また次回、初心に戻って企画を始める。ということを繰返す。


この方向でどんどん深く掘っていけば、やがてインパクトを与え得るもの、少なくとも、利益を上げる企画が浮かぶようになると思います。 自分もそうしようと思います。
#34 面白くないスピーチを面白くする方法?
JUGEMテーマ:マーケティング





http://www.speechbreaker.co.uk/


ロンドンの広告代理店Lean Mean Fighting Machineが、イギリスの自由民主党のためにつくったサイトです。

上の「BROWN」をクリックすると、労働党のブラウンが登場します。まわりにある脈絡があるのかないのかわからない単語を並べると、並べた通りにしゃべります(動画が自動編集される)。支離滅裂な笑えるスピーチになります。

「PREVIEW」ボタンを押してできあがりをチェックできます。また、いいものができたらYou Tubeに投稿するためのボタンがついています。友だち?にメールで送ることも可能です。

You Tubeのチャンネルはこちら

子どものころ、5W1Hをそれぞれ別人が書いて、それを組み合わせて読んで遊んだ方も多いと思います。それに近い感じでしょうか。あるいは、バラバラの単語を自由に並べて詩をつくるキットがありますが、そんな感じもあるでしょうか。が、動画がある分、はるかに大馬鹿なスピーチが出来上がります。拍手(APPLAUSE)を加えるタイミングが結構鍵でしょうか。

ブラウンと同じように「CAMERON」をクリックして、保守党のキャメロンのアホなスピーチを作成できます。

で、このサイトのクライアントである自由民主党のクレッグ(CLEGG)を選ぶと、極端に単語が少なくなり、「自由民主党に投票しよう!(拍手)」以外に、こちらは並べ方を変えても面白くありません。



でたらめな編集になっても、動画って、実際にそんな風に喋っていたような気がしてくるんですよね。


これ、もっと、応用が可能と思いますけど、どうでしょう?