楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
#166 不毛な脳ブームのあとに


#163で、「慢性の痛み」について医学は何もできていないじゃないかという厚生労働省からの問題提起を紹介しましたが、局所的な対応で全くうまく行かないということですから、必然的に身体全体あるいは精神も含めた全体的な対応へ向かっていくんだと思います。


「痛み」という不具合の多くが全体的なコーディネーションの問題としたら、精神医学なども含む医学全体が、「運動療法」みたいなものを取り入れていくのではないでしょうか。


うつに運動が効くみたいなデータはかなり以前からいろいろ出ていると思いますが、たとえば、うつの大量発生に悩む企業の心理カウンセラーが「とりあえず1か月間、会社のジムでトレーニングしながら様子をみましょうか(とりあえす、自転車通勤しましょうか、でもいいわけですが)」みたいなアドバイスから始める場面を想像してください。

さて、ここで問題は、そのトレーニングプランを誰が組めるのかというところですよね。たぶん、そういう分野って、無いか、非常に薄いんじゃないかと思います。

というようなことの延長で、現在は、医学的に取り付く島の無いいろいろな「慢性の痛み」に対して、とりあえず、テスト的にトレーニングプランを組み、それを検証し、改良するのは誰なのか・・・・。


「痛み」から解放されることは、生活の質を非常に向上させます。この辺に、なんらかのかたちで関わることができれば、とても楽しいのではないかと、最近思っています。明らかに、これはチームが必要となる話ですし。








#158 たまにはアートでも、しなくちゃね
JUGEMテーマ:美術鑑賞
 


タイトルのようなことを思いました。

十年くらい会っていなかった先輩に教えてもらった十年くらい会っていない友人のこの作品を観て。



そうだよね。たまには、音楽も自分でやらないとね。


それから、たまには、他人にはよくわからないことも、しないとね。
#150 思いつくことはやってみようと思った炎天下の外苑前
JUGEMテーマ:人生論


タイトルが、なんか今までの傾向と異なりますが、#147で書いた外苑前へ、最新号「THE BIG ISSUE JAPAN」を買いに、そして、献本しに、行ってきました。

仕事中の植村さんでしたから、少しだけ話を聞きました。自分なりの文章を付けて販売している人は、都内だけでも何人かいるとのことです。ある人は、A4いっぱいに、ある人は、もっと小さな紙に。今まで、私は、その販売者に会う機会がなかったわけですね。植村さんも、以前の販売場所でもコラムを付けて販売していて、販売場所を移ったので、また創刊準備号から始めることにしたようです。

植村さんと話した後に、すぐ近くの本屋に入って3つほど企画の素?を思いつき、マクドナルドに入ってPC広げて、そのうち2つを知り合いにメールしました。


送っていない1つは、まあ一人でやってみるしかないだろうというような趣味的な企画です。以前にも、少し考えましたが、『黒いTシャツと青い人生相談』を音楽にするというもので、それは、こんなスタイルを意識してやればいいかなと。QY70も使ってやるわけですが。
 





#145 そろそろ始めたい「違うこと」について
JUGEMテーマ:マーケティング


#144の続きになりますが、「違うこと」について自分が何を思っているのか、を考えてみます。


まず、こんなことを考え始めている【背景】ですが、以下のようなことです。

最近、亡くなった親類が5年以上前に被害に遭ったリフォーム詐欺について調べる機会がありました。(おそらく料金のことも考えて)地元の中小事業者を探そうとしてひかかってしまったようなのですが、横浜市のサイトにもリストが出ている「横浜市介護保険住宅改修費受領委任払い取扱事業者」の一つがどうも詐欺に絡んでいる、あるいはその会社名を使ったグループによって詐欺が実行された感じなんですね。

地元の良い中小リフォーム業者を見つけようと思ったら、アパートの件でもそうでしたが、濃い口コミを辿っていくのが一番確実なんだと思います。

しかし、これが多くの人にとって結構難しいですね。地縁、血縁ありませんし、地域の顔見知りの人々の間を伝わる噂などの、強いクオリティー監視機能のある商店街(会)は消滅してますし。判断材料がないわけです。

そこでインターネット、と思うかも知れませんが、地元リフォーム業者についての満足いく情報を見たことがありますか。ないですよね。リフォーム体験談だって、かなりうそ臭いものが多いですよね。

それで多くの人はどうするかといいますと、CMやっているような有名な会社に問い合わせるか、全国ネットワークを持つ有名な会社ばかり属するような見積サイトに入って、どこかに決めるみたいなことですよね。

見積サイトも、リクルートであるとか、有名な会社の名前が入っているものの方が一般の人にとっては絶対的に安心感があるわけですが、そのサイトの見積競合に参加できる業者になるには、売上げなどに関して結構厳しい条件があります。

みんなと同じ会社に頼んで多少高くても安心感を買ったと考えるか、地元の業者を探して騙されるか。消費者の側から見るとそうですが、地元でまじめにやっている小さな会社から見ると、真面目な仕事ぶりが口コミでさえなかなか伝わらない、悲しい状況なわけです。


ずっとリフォームの話で書いていますが、他の多くの業種にも当てはまることだと思うんです。

かなり大昔から、情報化社会とか言われていますけど、実際は、工業化の流れが、判断材料となるべき情報にまで行き渡ったということだと思います(#59)。少数の大資本による平板化・標準化。

新しい会社なんか起こしても成功する確率は非常に低いですよね。以前に、日本の起業率の低さのことを書きましたが(#62)、まあ、「情報工業化社会」(新語ですね)先進国の日本では当然ということでしょうか。巨大企業に成り上げって行ける極々少数者にならなければ、多くは潰れていくしかないわけです。

直接的な人のつながりに集中してうまくやっている中小企業もありますが、もし大資本がその市場を狙えば大抵は簡単にやられてしまうという状況です。

別に大資本ばかりでいいと思うかも知れませんが、それは明らかに「不自由」につながると、私は考えています。


足りないのは何か。対面的な濃い不定形な情報や商品が自由に交換される場という風に思っています。

喫茶店、職場、店などのいろんな可能性について考え始めています。息抜きできる仕事場(#119参照)について。

まだ、漠然とですけど。・・・・長い時間かかって書いた割には、まだ全然、ですが・・・



#144 そろそろ違うことを始めようと
JUGEMテーマ:人生論
 

暑いと、そんなことを思いませんか?

具体的なアイディアはないのですが、夏は、ちょっと、社会見学の季節にしようと思っています。

普段の仕事だと、課題をもらって、それにできるだけ良い答えを見つけてお金をもらうわけですが、そうでない仕事を、ちょっと混ぜたくなってきました。

「黒いTシャツと青い人生相談」はそんなことのひとつだったのかも知れませんが、その延長ということでもなく。

「仕事(大きく出れば産業)をつくる」みたいなことなんでしょうか。「黒いTシャツと青い人生相談」はお金とはほとんど関係のないところでやってたので全然そうなってませんが、今度はちゃんとお金と関係したいですね。というか、「お金」とか「経済」を課題に組み込みたい気持ちが、今、強いのかも知れません。たくさん儲けるということでもなく。

考えてみれば、古アパート再生の話元ギャラリーの話も、少し、関係しているのかな。ちょっと練習みたいな感じで。

何か、「ほしい産業」、あります?


#113 (映像づくりに踏み出す勇気のための参考資料)1999年の超低予算テレビコマーシャル
JUGEMテーマ:小説/詩


倉庫に『黒いTシャツと青い人生相談』約1000冊を入れたために、昔の業務用ビデオテープを置いておく場所がなくなってしまいました。

業務用テープなので、目の前にあっても自宅で見ることはできないので、きょうはビデオテックさんに行って、大昔につくったテレビコマーシャルをデータにしてもらいました。

1999年、ニューヨークから帰国する少し前につくった、アメリカ在住日本人向けコマーシャルを、少し恥ずかしい感じがしつつも、ここに紹介させていただくのですが、それは、#111で書いた「クライアントにクリエイターになってもらう」ビデオの枠(箱)のヒントになりそうかなと思ったからです。

ミニマルな構成・構造となった一番の理由は低予算だからなのですが、そぎ落としていくというのは、技術や経験や機材がなくても知恵の部分で頑張ればなんとかなる方向に近づくことでもあります。

8タイプが続けて入っているのですが、これを見ると、たぶん、「私だってこれくらいつくれるよ。いくらでも」と思うでしょうし、実際、これ以上のものを、これ以上の数、つくるのは、企画さえ頑張れば、どうでもなります。

出演者はみなさんプロの方ではありません。私の近くにたまたま居てくれた人たちにお世話になりました。演出もう少しなんとかできたね、という私の問題がある作品ですが、参考のためにご覧下さい。
きっと映像づくりに勇気が出てきますよ。

アメリカに住んでいる気分でご覧下さい。電話の向こうの声が日本です。

尚、キャッチコピーが、TBSラジオの(ちょっと前の?)キャッチコピー「聞けば見えてくる」に似ていますが、こっちの方が先です。念のため・・・(関係ない?)。

「広告批評」で紹介していただいた記事はこちらです。




企画・演出・撮影(月だけですが)・音楽制作、
その節は、好き勝手にやらせていただき、
関係者の方々、どうもありがとうございました。
声の皆さんも、お元気でしょうか?

#111 自分の仕事再考
JUGEMテーマ:マーケティング


肩書きが不明確なまま長年仕事をしていますが、連休中なので、自分の仕事の現状を整理してみようかなと思いました。今後に向けて。



WEBサイトの多くは、こちらは枠(箱)を用意して中身はクライアントに考えてもらい、そのクライアントの進行をサポートする仕事です。クライアントの担当者(の方々)に悩んでもらうと、各ページに個性が出てきて、サイトがいきいきしたものになります。

私は、クライアントの人たちがクリエイターになってしまうこの方式?が大好きなのですが、自分を表に出したいクリエイターには、我慢ならない仕事かも知れませんね。まあ、どんな枠(箱)にするかは、かなり懸命に考えるわけですが。

これのいいところは、クライアントの担当者が「何が肝心か」を考えながら作業せざるを得ないので、その訓練を経たあと(つまり最初の制作を終えたあと)の更新要望がとても的確で、意味のない仕事をやらなくて済むということです。その判断力は、もちろんクライアントにとっても財産ですよね。


ビデオの仕事では、自分でシナリオを全部書いてしまう場合も多いのですが、フィクションであろうとも、(非日常的演技が必要な役以外は)なるべく現場の人に登場してもらうようにしています。そのことのリアリティーが、クライアントのことを忘れられない楔になるからです。

ビデオについても、クライアントにクリエイターになってもらう試みはしています。が、ビデオについては、クライアントにクリエイターになってもらうためにどういう枠(箱)にすべきかについて、まだ真剣に考えたことがないことに、今、気づきました。

ということで次の課題が見つかったところで、連休終わりですね。





ところで、このIllyah Kuryahkin、取り上げるの2曲目ですが、ちゃんとした情報が見つかりません・・・。CDも買ったんですが・・・。

#109 箱論
JUGEMテーマ:マーケティング
 


中身をどうしようと考えることではないのでは、と最近思ってます。

形容詞が不足した文で、いきなりでわかりにくいと思いますので説明しますね。

最近、ミツバチの話をしばしばしているので、それに関した喩えを使いますと、ミツバチにどういう巣を作成・運営させるかみたいなことを考えるのではなくて、ミツバチが巣をつくりたいと思えるような箱を作成して、うまく告知?できれば、それで重要な仕事は終わりではないかと。

そのまま放っておいてもいいんですが、しばらくたって箱を開けると、「おっと、こんな巣ができてる」と感心できれば、それで、さらに満足かなと。


マーケティングは集合体の展開を意図するものですが、方向性などを設定しても、神様でもない企画者の意図に沿って集合体が動くと考えるのは、冷静に考えて、ちょっと気が変です。

集合体がちょっと関わってみたいという箱を用意するのが精一杯というか、それさえできないことが実際には多いわけで、でも、できることもあるので、できないことを考えるよりは現実的だろうと思います。

まあ、中は空っぽよりもちょこっと何かあった方がいいようではあります。ミツバチの場合だと巣作りのきっかけになる巣枠とかがある方がうまい具合に巣作りの意欲が盛り上がったりするわけですが、ちょっとなにかその程度のガイドがあれば良いのだと思います。神経質な人は、自分で全部巣をつくってしまったりするのでしょうが、まあ、そういう面白くない工業化の先には何も無いことは、教育の現場でも明らかになっていることだと思います(すいません。話飛ばしました)。


ミツバチから離れますと、例えばこのような「ブログという箱」。箱としてすばらしいですよね。最近だと「twitterという箱」ですか(私は、以前にやってすぐ飽きてしまいましたけど、今、やったら面白いのかな)。

例をあげるとキリがないですが「小説という箱」とか「PCという箱」とか「人生相談という箱」とか「数学という箱」とか「本という箱」とか「インターネットという箱」とか「音楽という箱」とか「ロックという箱」とか・・・。入れ子になっている箱もたくさんありますが・・・。あ、「グリーン・ニューディールという箱」もありますね。「金も箱」という気がしないでもありません。

盛り上がる箱には、固定のコンセプトがあるわけではなく、必ず自由な展開の余地が残されています。

盛り上がる箱の中身は必ずいろんなもので満たされるわけですが、善し悪しなどの議論まで含めて中身ですね。ある流派を流行らせようとする勢力争いとかそこに関わるマーケティングみたいなのも中身ですね。中身についてはどうこうしようと考えるより、楽しんでいれば良いのではないかと思うんです。


で何をするかですが、考えるとしたら、新しい箱について考えてみると、一番面白いのではないかと。でもまあ、これは、小さな箱でも一生アイディアが浮かばない可能性もあるかと思います。

では、こっちはどうでしょう。意識しなくても「家族と箱」とか「○○学校という箱」など無数の箱と、関わっていたりしますので、自分が関わっているような感じがするいろんな「箱」について考えるというのも、良い暇つぶしだとは思います。「箱」と意識すれば、中身をどうこうしようとムキにならなくてすみますので、思考が自由にフラフラできますから、ある程度楽しいのではないでしょうか。また、それぞれの箱は、一生かかっても結論など出ないくらいに十分に不思議で奇妙ですし、未来の予測も立ちませんし・・・。「自分という箱」も含めて。



#35 なぞなぞだらけの回
JUGEMテーマ:マーケティング
 

検索連動広告を実施しているみなさん、長いことやってみても、想定より全然効かないと思いませんか?

知らない間に誰かの検索結果ページに現れてクリックされて、ということで便利そうで、それが現状のいろんなネット広告の売りになっている要素ですが、その仕組み自体に「効かない」原因があるようです。

企画中なので、あまり詳しく書きませんが、ネット社会で広告がどう変化していくかについて、一番大事な方向が見逃されています。旧来の図式があまりに強力なことが原因でしょうか。

「メディア」と「スポンサード」の捉え方に一番大きい欠陥があります(すみません。結果を見たときに、やっと意味が分かるように書いています)。

誰も気にしていないかも知れませんが、この企画をちゃんと粘って最後まで仕上げれば、#30で書いた「みんなの仕事を増やす仕事」になりそうです。つまり、新しい産業(のようなもの)になりそうな話です。また、おそらく金の流れへ正しい変化を及ぼす話です。


というように、内容がわからないように書くんだったら書くなよ、と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、こうやって書きながら考えを整理するためのブログなのでお許しください。

動けるようになったら一気に動きます。が、たぶん、その前に、皆さんに「助けて!」します(#19参照)。


あと、これはさらに、誰も気に留めていないと思いますが、#32でいい加減に「一日一起業」という目標を立ててみましたが、アイディアだけは、そのペースで生まれています。起業しようと思えばできそうなものばかりですが、笑われそうなものが多いですかね。ということで、笑えるものだったら、「一日一起業」というブログでも始めた方がいいでしょうか。



#30 みんなの仕事を生み出す仕事をしよう。ということ?

JUGEMテーマ:マーケティング
JUGEMテーマ:政治全般〜国会・内閣・行政


(自分ではそう思ってはいないのですが)わかりにくいたとえ話を展開した?#29の続きを考えてました。

で、「この資本主義社会をマシな方向に持っていく」としたときの目標設定を、よりわかりやすい言葉にすると、タイトルのようになるかと・・・。

「みんなの仕事を生み出す仕事をしよう。」

「仕事をしよう」のところが、仕事や行動内容によって変わってきます。

「みんなの仕事を生み出すマーケティングをしよう。」
「みんなの仕事を生み出す広告をしよう。」
「みんなの仕事を生み出す研究をしよう。」
「みんなの仕事を生み出す投資をしよう。」
「みんなの仕事を生み出すアパート経営をしよう。」
「みんなの仕事を生み出す政治をしよう。」
「みんなの仕事を生み出す犯罪取締りをしよう。」
「みんなの仕事を生み出すような貯金をしよう。」
「みんなの仕事を生み出す音楽(ムーブメント)をつくろう。」
             ・
             ・
             ・


ということで、パンクの1曲をここで(このライブ、演奏はしてませんが)。


(実際に演奏している他の曲はこちら)
http://www.youtube.com/watch?v=j5xGC8lPxmE



これで、自分の目標というか、「使命」設定もできました(なんでわざわざこんなことを考えているかも含めて#18をご参照ください)。最近、どうも不明な感じだったもので。

「仕事を生む」というと、「自分の仕事をつくる」みたいな発想になりがちですし、「産業創造」という言葉をつけた団体や施設も、「産業創造」ではなく「個別の起業」中心になっているように見受けられます。
でも、「みんなの仕事をつくる」ことを考えた方が、そのアイディアが実際に仕事になり、継続する確率が高いのではと考えています(この辺や、例えば、どんなこと? についての話は、また後日)。


ところで、#29を書いているときに、「消費は美徳」という戦後しばらくしてからの言葉を思い出したのですが、消費が他人の仕事を生み出すことというか、「節約」の後ろめたさが語られることは今、非常に少ないですよね。視野に置かれる経済単位が非常に狭くなっているのでしょうか。

食糧などの援助についても、かつては「みんなの仕事を生んでいるかどうか」という議論も盛んでしたが、今は、そうでもないような・・・。

ちょっと意味不明な社会企業家とか、CSRとかは、「みんなの仕事を生んでいるかどうか」をひとつの基準に精査してもいいかも知れません(もちろん他の基準もあると思います)。


あるいは、アメリカの政策など見ていると、「仕事の創造に最も効率がいいもの」として太陽光発電があるわけですよね、元「たばこ大好き」さん? みたいなことも気になりますが・・・。




(c)日本女子アート選手権