楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
#149 東広島市役所の人たちが親切で優秀な件と、(多くの企業の不合理について)
JUGEMテーマ:行政
 

#148の最後に触れた「市街化調整区域」の件、先週、東広島市役所に聞きに行ってみました。


「市街化調整区域」の目的を聞いてみました。

「市街地が無秩序に飛び石的に広がると、下水道などのインフラ整備維持のためのコストが非常に大きくなってきます。それを防ぐための制度です。また、人口が減少している今の日本では、無秩序を吸収してしまうように面的に広がっていくような急激な街の発展が起こることは、ほとんど期待できません。ですから、規制はより厳格になっていくわけです。」

非常にわかりやすいですよね。ということは、コストを凌駕するような利益を地域にもたらすことが確信できるような開発しか「市街化調整区域」では許可されないことも明白なわけです。

が、数十分、地図を前にして、スケールを当てたりしながら、いろんな検討場面を示してくれました。私が、検討過程を実感できるように。二人がかりで。で、結論としては、このような的確な言葉を。

「何が許可できるかということではないんですね。具体的な案件があって初めて具体的な検討ができるわけです。」


東広島市役所には、元東広美術スタジオの件でも、最初のいろいろ曖昧な段階でサポートしてもらっています。


多くの企業が、経営陣の保身のためのみ都合(おそらく無意識で行っていると思います)で、要求のはっきりしない顧客をサポートするような仕事に関わる人員を集中的に削減していますが、新しいアイディアの種が生まれる確率が最も高い場所を削減しているわけです。あと、仕事の楽しさを最も感じる場所も。


非常にいい加減な思い込みレベルな結論を書くわけですが、
新しいことを始める場合は、まだ試行錯誤段階にある悩める顧客?に付き合う余裕がある(その楽しさを知る機会のある)、この役所のようなところの力を借りる方が、進展していく可能性があるのではないでしょうか。

「役所のようなところ」には「役所のような企業」も含まれます。





全てにつながるキーワードは「息抜き」。

#148 高屋堀の荒地の件をもっと具体的にイメージしていただくために
JUGEMテーマ:経済成長
 


高屋堀の荒地の件ですが、

たとえば、そこにプレハブを置いてみることを想像してみるとどうでしょう?
プレハブの中古価格、レンタル価格も含めたイメージはこちらで収集できます。

https://www.nagawa.co.jp/
http://www.araicorp.co.jp/
http://www.sankyofrontier.com/
(他にもあると思いますが、この辺にしておきます)


で、高屋堀の荒地の、
ここには中古の壁を赤く塗ったやつが欲しいとか、2階建てが欲しいとか、細長いのがほしいとか、とにかく大きいのがほしいとか、まずは積み木遊びの要領で、いろんな色や形を並べてみてほしいのですが、自分のための空間を想像していると、あんまり考えも進まないと思います。

課題をこうしましょう。自分を含むいろんな人が仕事したくなる場所を考えること。

で、中味もいろいろ想像してみましょうか。カフェ空間が欲しいとか、保育園があったらいいなとか、後ろの山から木を切り出して、こんなのをつくって並べたいとか。そのまま荒地を残したいとか。

それぞれの人やグループの個性がにじみ出るプレハブが欲しいですよね。というか、勝手に予想外のものが増えてくれれば面白いですよね。

私なら、ちょっと贅沢に防音とかがある空間も欲しくなるかも知れません。

で、今度は、ちょっと時間に視点を変えましょうか。どういう進め方でそれが可能になるか。


少しだけ決まりがあります。そこの小川を汚さないこと。あと、ご近所と仲良くする努力をすること。

ちょっと、ゲームのように考えてみませんか。で、最終目的は、あなたをはじめとするそこに集まる人たちがちゃんと儲かることです。するとですね、おそらく、駅までの距離とか、周囲の施設とかも気になりますよね。


あ、想像を膨らませていただいた今頃気づいて申し訳ないのですが、ひとつ問題がありました。

ここは、市街化調整区域でした。農地(農業)を組むのが条件なんですかね。細かい条件は市役所に聞きに行ってみないとわからないという、市役所の担当者の話なので、今度聞きに行ってみますね。




プリントはいまいちですが、まあいいか。

#120 ゴーウェスト開墾(スポーツ)クラブ
JUGEMテーマ:ビジネス


#119にいただいたコメントに答えるコメント書いていて、オフィスワークの多くは、どんどん金を取れなくなって、趣味(かギャンブル)としてしか生き残れないのではないかと感じてしまったのですが、 

ホワイトカラーとか所謂クリエイティブとかの仕事がいろんな場所で、無理に支えられている間に、いろいろ考えないといけないですよね。


それとはつながりがあるようなないようなことを、

「高屋堀の荒地の件」カテゴリーの、今回はちょっといい加減な話として書くのですが、この荒地を前にして、こういうことを考えたわけです(カテゴリーの記事と航空写真を振り返って、ぜひその場を実感してください)。

「この荒地の開墾は、巷のスポーツクラブでベルトの上を走っているより、肉体的および精神的充実感があるのではないだろうか」。

最終的に田畑にするわけではないので、開墾とは言えないのかも知れませんけど。

『ゴーウェスト開墾(スポーツ)クラブ』
会費永久無料。

ほんとうは賃金を支払うべき作業かも知れません。さて、どうでしょう?真面目に考えたら面白い問題だということはわかっていますが、今回は、ここでやめときますね。


開墾の先につくるものは、養蜂場に設定したままです。養蜂についてはもっと勉強しないといけないのですが、それと並行して、いろんな人に話を聞き始めようと思っています。#119で訪問した先で、えらく興味を引いたんで、少し自信が湧いています。

このカテゴリーの他の記事も読んで興味の湧いた方はぜひ、プロフィールページのお問い合わせフォームからご連絡ください。




開墾は、こんな気持ちで。

#115 養蜂家(やってみたい方)求む!
JUGEMテーマ:日記・一般
 

#103で書いた土地の話です。いろいろな条件を考えてみてやはり、養蜂が一番可能性があるのではないかと思っています。土地の状況(条件)は、#103でもう一度確認してください。

ネットでこんな記事を見つけました。「はちみつがタジキスタンを変える? 障害者自立支援の新事業スタート」。

タジキスタンを日本に置き換えることはできないの? という安易な発想です。先に考えを進めるための知識がまだないのですが、方法はあるはずです。

横道に逸れますが、この活動団体のことをよく知らないので、活動内容のページに入って、事業報告を見てました。#105で取り上げた団体は、このフォーマットに沿って事業報告をしてみたら良いのではないでしょうか。貸借対照表1枚で済ませるのではなく。


で、話を戻しますと、丁寧に企画と仕事とブランディング(これ、いらない手垢がいっぱい付いている言葉ですが)をすれば、近くの道の駅、地産地消に力を入れて実績もあげている農協、スーパーなど、販路の確保も、難しいことではないと思います。事業として、少しずつ加工商品を増やしていく方法もあります。

どなたか興味ないですか?

収益計算も全くしていない段階で、聞いているのですが、ここで収益の一部を確保するということでもいいわけですから、その辺を私は細かく考えていません。という状態ですが、ご連絡をお待ちしています(プロフィールページに連絡用フォームへのリンクあります)。