楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
#195 『黒いTシャツと青い人生相談』以後の過ごし方について、あるいは余生のようなもの
 JUGEMテーマ:人生論


『黒いTシャツと青い人生相談』は、今でもたまに読み返すのですが、その度に、余生を送っているような感覚にとらわれます。

まあ当然、それは日常生活の中でだんだんと忘れていく感覚なのですが、おそらくもう、あんなサイトは発想できないでしょうし、Chip以外の人間では成り立たないでしょうし、あんな相談が集まる感じもしないですし、あのレベルの翻訳文はもう書けないような気がしますし、あの時期のような生活は、もうやらないし、できないですね、たぶん。

最初の2年間は、ほとんど仕事をしないで『黒いTシャツと青い人生相談』というサイトをやっていたわけですが、先のことを何か考えていた記憶もないので、おそらく毎日、『黒いTシャツと青い人生相談』というサイトのことを考えて過ごしていたんだと思います。今考えると、その時の自分の気持ちが想像できません。

起業のために援助してもらったお金を生活費にして、起業のことは考えずに、ひたすら『黒いTシャツと青い人生相談』のサイト運営をしていることに疑問を抱かなかった自分の気持ちというか、成功も失敗も関係ない確信が、今からではなかなか想像できないわけです。

今は、仕事の波とか割と気にしていたりするんですね、普通に。仕事もきちんと次につながるように仕上げようとしますし、先のことをいろいろと想定する日々を送っているわけですが、全然、先を見ていない日々というのは、なんだったのか、よくわかりません。

そういえば、Chipが自分の末期がん診断を私に伝えるメールで、「こんな時に奇妙に思うかも知れないけど」という前置き付きで、そのときの人生相談の回答を書き上げることを何よりも気にしていることを書いていたのですが、今は確かにそのときよりもそれを奇妙に思う気持ちがわかります。


Tシャツを売っていたんですが、すごく売れるという期待はありませんでした。変なコンセプトのTシャツということで、いろんな人から連絡もらったりしましたけど。で、Tシャツが少し売れた時は、そのお金で検索連動広告出したり東京Tシャツ部にバナー広告出したりして、サイトを多くの人に見てもらおうという努力はしてました。

インターネットが一番面白い時期だったような気はします。『黒いTシャツと青い人生相談』にはSNSまで附属している時期がありました。「MyGrave」という名のSNS。他の仕事もしていたら、きっとそんな労力を使おうとは思わなかったですね。

2007年11月にChipが亡くなって、『黒いTシャツと青い人生相談』という3年間続いたサイトの進行は止まったわけですが、それから3年経ったんですね。

また、近い未来をも想像しないような日々が来ることがあるんでしょうか。

正直言って、それを熱望する気持ちはないのですが。




#170 Chipのようにケアの勉強(後ほど実践)をしてみようと思う
JUGEMテーマ:日記・一般



友だちがブログで「青い人生相談#21」に関係したことを書いていたので、さっそく読み直したんですが、Chipの言葉の意味について、今やっと気づいたことがたくさんありました。

翻訳したし、もちろん、今までにも何度も読み返しているんですが、私はChipの精神とは、相当の距離がある人間なので、後から意味がわかるということの繰り返しです。

相談者に対する想像力が、まったく違うわけです。元々の素養みたいなものの違いも大きいですが、彼が、この人生相談を書いている時期は、ずっとかなりしんどい介護の仕事をやっていた時期で、まあ、友だちなんで愚痴も聞くわけですが、彼の性格ですから、それに全く真剣に立ち向かっていたことも、彼の言葉を分厚くしている要因ではないかと思います。

というようなことと、このブログで書いたことや書いていないことなど他のきっかけ(くすぶり)も加わって、ケアについて勉強(もちろん最終的には実践)するために学校に行きたいと考えています。「その歳で?」というのが普通の反応の年齢ですが。

Chipと自分を比べた場合、自分には全然向いていないような気もするのですが・・・、自分の周りだけ見ても、ケアが全く足りていないし・・・。

まあ、すぐに気が変わる可能性もありますけど、一気にリサーチして、学校を絞ったところです(一番の選択要因は学費)。あと、入学拒否される可能性もあるし・・・。





ところで『黒いTシャツと青い人生相談』。こんな人たちに渡していただきました

#108 はい、サボってました
JUGEMテーマ:人生論
 

今日のアクセスログをふと見たら、なぜか#86に集中しているので、その記事の内容を見ると、出身高校や大学に『黒いTシャツと青い人生相談』を置いてもらうように努力するというようなことなのですが、実は、その点については、全く行動していなかったので、ちょっとだけ反省して、郵送で献本してみることにしました。

送り先は、高校と大学と専門学校です。どうも自分の出身校に対しては腰が引けてしまうのですが(トラウマ?)、何かわかりましたら、またご報告させていただきます。




too young, too young, too young.......

#100 パンクの何が幸福か、あるいは経済成長の肝
JUGEMテーマ:経済成長
JUGEMテーマ:人生論
 


楽器が弾けないのにバンドを始めるというようなことが、ある意味典型的なパターンとしてありましたよね。それを装っていたバンドも多かったと思いますが、それを信じた多くの中学生がバンドを始めて・・・。それがパンクの肝だったのではないかと。

音楽とその周辺産業活性化の動力としては。


これがきっと、経済成長の肝ですよね。

教育の整備とかは、全然関係ないですね。肝心なのは、下手なことを下手なまま始めてしまう人間が増えること。

戦後のドサクサの勢いもこれですよね。


今は明らかにそれと反対の人間が増えすぎています。例えば私の周りにたくさんいる、マーケティングに詳しいと自負しているけど、自分でマーケティングなんかしたことがない人間とか。


下手なことをやると、どうしても規格外のものになるわけですが、数々の規格外のうち、ごく一部のセンスあるいは運のいいものが革新とか呼ばれるということでしょうか。

で、そのうちそれなりに上手になってきて、規格内ができることがうれしくなったり、下手なことを見つけ続けることが面倒になってくると、成長も終わると。


「技術大国」? コンセプトとして大失敗ですね。技術を高めることよりも、新商品を生むこと、つまり規格外を生む仕組みの方が産業としては重要なわけです。もちろん極め続けて規格外ということもあるわけですが、それはごくごくごく一部の天才かつ運のいい人の仕事なわけで、例えば私なんかにはハナから参入不可能なわけです。

で、じゃあ、代わりの産業育成政策コンセプトはあるのかということですが、同じ「大国」という言葉を使うなら、たとえば、こんな感じでしょうか。

「素人大国」。




ところで、今、『黒いTシャツと青い人生相談』を買うと、黒Tついてます。
WEBサイトの方の、「黒いTシャツと青い人生相談」で告知してます。

特に売り急いでいるわけでもないのですが、ちょっと、こういうこともやってみたい気持ちになりました。

#98 反省。あるいは『黒いTシャツと青い人生相談』拡散企画の転換
JUGEMテーマ:マーケティング
 

#96にコメント書いてくださった「地方出身者」さんと、本を送りますよ、いや購入します、みたいなメールをやり取りしていて気づいたんですが、私にはちょっと見落としているところがありました。


今まで買ってくれた人たち、一生懸命配ってくれた人たち、入れてくれた図書館、売りたいと言って仕入れてくれた人たち・・・・。この本の価値を認めてくれた人たちに感謝しているのなら、その市場価値を上げることを考えなくてはいけないのではないかと。

価格がモノに対する価値判断をある程度反映しているのなら、将来的には定価をはるかに超えてしまうくらいの価格になることを目指すのが、その物の価値を認めている販売者の仕事ではないかと。

本はモノであるということの意味を、もう少し考えるべきでした。WEBサイトとモノとの違いを。


思い出すことがふたつあるのです。

ひとつは、Chipが欲しがっていたCDを探すと、その彼の趣味に合致した、つまり多くの場合一般的にはマイナーな音楽のCDが、相当な価格で取引されていたこと。

もうひとつは、一時期、Amazonでこの本の古本が定価をはるかに超えている時期があったこと。あれは出品者の作為だったのでしょうか。あるいは、出品者はその時点では、高価格に振れる展開を予想していたのでしょうか。



広く知られていること(横浜市立図書館が大好きな言葉で書くと「著名であること」)は、この本の目指す方向では全くないんですね。

新品、中古合わせて、そのモノは今、私の手元に1,260あります。ということは、今、世の中に740冊(ゴミになってるものも少しあるかも知れませんが)。今まで貴重なものとして扱っていなかったわけでは決してありませんし、無闇に配ろうとしていたりしたこともないのですが、この「モノの価格」の仕組みが頭に入っていませんでした。


話は飛びますが、中小企業の仕事をしていると、ある種の「広告」は、広告主にとって有害でしかないということがわかってきます。おそらく、その辺ともリンクしているのではないかと思っています。

全然、思考はまとまってませんけど・・・。




正解は、極力何もしないことだったりして・・・

#96 図書館いろいろ、あるいは『黒いTシャツと青い人生相談』拡散企画 その13
JUGEMテーマ:人生論
 


駒岡地区センターの良いニュース」を見つつ、こちらは悪い知らせです。


★「横浜市山内図書館との会話」篇★

山内「アメリカではヒットしたようですがね、中央図書館とも話し合って、人生訓の場合、著名なものでないと、こちらとしては見送らせていただきたいということになりまして・・・」

私「あの、違う本の話じゃないかと思うんですが・・・あるいは、全く目を通されてないか・・・」

山内「もちろん、読みましたよ。私ではなくて違う担当者ですが。」

私「・・・まあ、いいんですけど、基準をクリアするにはどんな感じであればいいんですかねえ?」

山内「それはですね、大新聞に広告が出ているとかそういうことですよ。」

私「・・・え、冗談じゃなくてですか?・・・」

山内「それにですね、この本については借りたいという要望が今まで1件もないんですよ。」

私「えーと、実は私が自分で要望出したこともありますけど・・・」

山内「少なくとも、私は知らないということですね。そういう事実を。ベストセラーとか持ってきてくれたらいいんですけどねえ。」


せめて読んでくれたらいいなとは思うんですが、要望はよくわかるんですね。「みんなが読みたいと既に思っている本を持ってきてくれ」と。

かつて出版社にいたときに、書店営業をしたことを思い出しました。なるほど、特に本に思い入れのない(思い入れがないのがダメだとは思いません)書店に営業に行っていると思えば、いろんなことが理解しやすいですね。「売れる本を持ってきてくれればいいわけですよ。」

宣伝費のない本は、本に思い入れのある特殊なことを始めてくれる書店員に合わないと、何も始まらないんですね。本に思い入れのない図書館(員)の存在を想定していなかったのが、ちょっと間違いでした。甘いですね。


そろそろ他のことも試してみましょう。せっかくだから。


来週前半に、在庫の全てが家に届くことになりましたし。まあ、全然急いでないし。

#95 横浜市緑図書館でも読めます。あるいは『黒いTシャツと青い人生相談』拡散企画 その12
JUGEMテーマ:オススメの本
 

緑区十日市場町にある横浜市緑図書館より、
横浜市教育長の名が記されているお手紙をいただきました。

「広く市民の閲覧に供し御厚意に沿いたいと存じます。」

同じ横浜市立の図書館でも、いろいろで、それぞれなんですね。

時間がある程度経って返事をいただける方が、読んでいただいているので可能性が高くなるんでしょうか。まだ、2件の結果のみなので、なんとも考えようがないですが・・・。大雑把には「運」とか「巡りあわせ」みたいなもんでしょうか。

「横浜も捨てたもんじゃない」と、ころっと心持が変わってしまう自分のこと、ちょっとアホだとは感じています。

データベースにはまだ入っていないようですが、そのうちでしょうか。

却下になった中央図書館には今日、引き取りに行く予定です。





アホについて歌った歌ではないかと・・・

#93 いつかは川崎市民!あるいは、『黒いTシャツと青い人生相談』拡散企画 その11
JUGEMテーマ:人生論
 

川崎市立図書館のホームページで、『黒いTシャツと青い人生相談』を検索してみてください。既に借りている方もいらっしゃるようです。

She's Beyond Good And Evil(銭とオートバイ修理技術)さんの活動の結果としてこのようになっています。

図書館関連の私の活動の結果としては今のところ、「著名な作者でない」という理由での寄贈却下(横浜市立中央図書館)以後、他はまだ返事をいただいていません。おそらく今週末?


それはそれとして、少しずつでも先に進もうと考えつつ、まずは、自宅に千数百冊(約1立方メートル)を引き取ります。モノを目の前にして、触ったりすると、おそらく違うアイディアが浮かぶのではないかと。


ところで、「拡散企画」に入ってから、Amazonでは全く売れてません。こういうことやっているので、今、(需要と供給が出合う教科書的)市場価格を、かなり低いところにシフトさせてしまっていると思うのですが、理想としては、欲しい人たちに行き渡った時点で「化ける」というようなことになればいいなと思っています。

たぶん、この考えの影響受けているんだと思いますが。




地味なことをやり続けることへの応演歌(前半)
そして特に目ざましいことがなくても進むのでした(後半)

でたらめ書いてますけど。

#92 まあ、ある意味典型的なやり取り、あるいは『黒いTシャツと青い人生相談』拡散企画 その10
JUGEMテーマ:行政


横浜市立中央図書館については、こちらの理解では「却下と決定したものは却下」ということで「却下」でした。

「著名」についての奇妙な定義とか聞かせてもらったのですが、忘れることにします。「私が横浜に住んでいること」については、結局無視されたのですが、まあ、「却下」が変わるわけではないので、どうでもいいということにします。こっちは、押し売りみたいなもんですし。

ひとつ面白い?話としては、「そもそも帯に『無名アメリカ人』て書いてあるんですから、著名じゃないじゃないですか」と真剣に言われました(#88で書いたことは、あくまで冗談のつもりでしたが・・・)。




徒労感について考えていたときに浮かんだ曲。




#91 そういえば・・・、あるいは『黒いTシャツと青い人生相談』拡散企画 その9
JUGEMテーマ:人生論



風呂に入っていてふと思ったのですが、明日、もう一度横浜市立中央図書館の寄贈担当の方に電話してみましょう。

「人生訓などは、郷土の方や著名な方の著書に絞らせていただいています」というのがこの本の寄贈が求められない理由(#88参照)ですが、自分が郷土の人間であることと、Chip Ecktonの人生相談を今まで読んだ人は少なくとも60万人以上にのぼることを伝えてみましょう。


「門番」をやっている人間は、たいてい深くものごとを考えているわけではない、というのを思い出しました。

WEBサイトの方の「黒いTシャツと青い人生相談」は以前に、Yahoo系検索連動広告のOvertureから広告掲載を禁止されたことがあるんですね(こちらを参照ください)。でも、しばらく経って、何事もなかったかのように広告を再開したら、今度は全くスルーでした。

こういうことは、たまたま当たった担当者の趣味あるいは気分の結果でしかないということを学んだんですが、それを忘れていました(検閲はまあ、面白い仕事ではないですから、そもそもきちんと考える価値が無いとも言えますし、あるいは考える能力があったら、やってられない仕事とも言えますし・・・)。


より多くの人に読んでもらうという目的を考えると、寄贈担当者をスルーできればいいだけの話ですから、そのための努力は、しようかと。

もし、今回の抗弁でも却下になったら、異動が期待できる4月になってから再度寄贈に行こうかなと思います(ダメだったら、またその半年後くらいに)。もし、また担当者が同じでも、機嫌がいいかも知れませんし・・・。



課題:幻滅を如何に制御するか