楽しいことを思いつく時を待ちながら、自由なテーマでこのブログを続けていたのですが、大震災直後、諦めたくない素人たち数万人が日々アクセスする原発関連情報の発信・交換の場となり、すぐに行うべき緊急のものから遠い将来を見据えたものまで多くの企画提案?を全力稼動でしてきました(ご興味のある方は、#211(3月13日)の「ごあいさつ」から、コメント欄も含めご覧ください)。しかし、6月10日あたりで、更新を停止しました。とりあえず東日本壊滅を防ぐ大きな力にはなったと思います(関わっていた人たち以外は、信じないでしょうけど・・・)。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
#198 湯川秀樹派
JUGEMテーマ:人生論
 

私が子どもの頃は、湯川秀樹の伝記本が小学校の図書室などで非常にメジャーな存在でした。日本人ノーベル賞受賞者が貴重な存在だったからだと思いますが、確か内容は、親にとても優しくしたとか、そんな道徳教科書的なことがメインであったようないい加減な記憶があります(全く誤った記憶だと思います)。

実際に、子ども用の本でどのような伝記になっていたのか興味のあるところではありますが、まだ、本屋さんなどでチェックしていません。


彼はアインシュタインなんかとやっていた核兵器廃絶運動でも有名ですが、こんなことが気になっていた人です。

「物理学に限らず、およそ学問というものは、抽象化、一般化が進めば進むほど、自然からもっと汲みとれるはずのもの、汲みとられなければならないものが、捨てて省みられなくなる。」

「自然」は「現実」と言い換えてもいいと思います。

「自然」を「シンプル」と勘違いしているエコなんとかとか、「現実」を単純化した単なる思い込みに満足するような禅モドキとかも、ここで言われている「抽象化、一般化」の仲間だと思います。


で、この話は#197とつながっているのですが、

人の「感覚」や「認知」や「知識」に比して、とてつもなく「過剰」な「自然」や「現実」の中で生きていること、それでも何とか自分で考えないといけないこと、考えることはやがて時間切れになって完全な確信が無いままに勝負かける場面が多々あること、痛い目に合う事が半分以上あること、わけがわからないけどうまく行くこともたまにあること、失敗と分かるまでは失敗ではないので楽しめること、他の人間も自分もわけのわからない「自然」や「現実」の一部であること、でも助け合ったりすると気持ちいいこと、などが身に染みるのが、あの保育園で過ごすメリットのひとつだと思います。子どもたちが関わる「自然」や「現実」の中には、精神的あるいは身体的な(いわゆる)障害も含まれています。



#19 助けを呼べば、会社が大きくなる?
JUGEMテーマ:マーケティング


#9でちらと出てきたゴセージおじさんです。本の値段がまた上がってますね。


この人、無数にいいことを言っていた人なので、今後も、ときどき出てくる予定ですが、今回の名言は、

「『何が今一番の問題ですか?』とクライアントに聞いて、それを書いて助けを求める広告にして、解決してくれた消費者にクーポンをプレゼントすれば、だいたい、良いキャンペーンになる」

みたいなこと(元の原稿が今、見つからないので、だいたい、こんな内容ということでお許しを)です。


広告とかマーケティング関係者も含めて、多くの人は、広告とか宣伝とか広く告知するものは、「これはこうだ!」とか偉そうに振舞わないといけないと思っていますが、広告などで偉そうなこと言って、それに感激する人は、あんまりいません。感激する人を知らなくはないですが。


ご自身を振り返ってもわかると思うのですが、会社とか商品というモノに親しみを感じるのは、何か会社とか商品の「人格」みたいなものに触れたときです。

で、さらに、ご自身を振り返ってわかると思うのですが、「人格」の中で最も興味を覚えるのは、「困っているときの人格」です。

そういう困ったときにこそ、「人格」のコアが見えることを、(無意識に)よく知っているんですね。

で、またさらに、ご自身を振り返ってわかると思うのですが、最も気持ち良くなれることのひとつが、人を助けようとしている自分を感じたときです。


そうです。会社も、会社のThe Personal Truth にこそ価値があるんですね。

そして、助けてもらうということは、非常に満足感のある消費者サービスなんですね。


しかし、またまたさらに、ご自身を振り返ってわかると思うのですが、助けを呼ぶって、結構、勇気がいるんですよね。まあ、この辺をクリアできる会社は少ないですかね。まじめにこんなこと言う人がいると思います。「そんなことしたら、株価が下がるじゃないか」。

「困っていることを困っていると言える勇気」という一文は、さて、絵本『勇気』の中にあったでしょうか?





では、広告案をつくってみましょう。

新聞15段広告です。

ある会社の白髪混じりのまじめそうな社長さんが、大きく書かれた

「助けて!」
というキャッチとともに、登場しています。

横に「助けてくれたら、お得なクーポンあげるよ」というサブキャッチ。


まあ、ボディコピーを書くときには、相当に微妙なユーモアが問われますが、大問題について、笑っていいのか悪いのか、微妙なタッチで書きます。


どうですか?

 
#2 The Personal Truth (個人的真実)を見つける その2
JUGEMテーマ:マーケティング

"The Personal Truth" に関わる広告をつくり、そして、それが予想以上の結果を生み出したことがあります。

日本に帰ってきて、いろんな事情が絡まって出版社に在籍している時期があったのですが、そこで、『生きかた上手』という本のマーケティングを担当しました。 

この本ですね。キャッチコピーは「90歳を超えた医師からあなたへの贈りもの」。

2001年12月の発売ですが、急激に売れ始めたのは、2002年の春に中刷り広告が全国各地で掲載されてからです。

その広告には、16歳の小林君という男の子から送られてきた愛読者カードの文章を使わせてもらいました。

日野原先生の本を14歳が読むの? と思われる方も多いと思います。そういう反応も期待してのことでしたが、それ以上に、小林君が書いた短い文章に、私は "The Personal Truth" を感じたのでした。

「最近元気のなかった祖父母にプレゼントしたくてこの本を購入しました。
ちょっと気になって渡す前に読んでみました。
僕は、長生きしたくないと思っている若者のひとりですが、少しだけ長生きしてみたくなりました。
                       小林幹(16歳)」

記憶で書いているので、多少広告文とは違うかも知れませんが、どうでしょうか。彼の文章によって、多くの人たち、それからテレビ局など多くのメディアの注目を集めることができました。

実は、彼が「長生きしたくないと思っている」本当の理由を、広告掲載許可をもらった時点では知らなかったのですが、90歳を超えた医師が書いた本と、その本を読んだ彼など若者達との関係を探ろうとしたNHKの若手ディレクターの熱心な取材によって、彼がそう思う理由も明らかになりました。私が全然、想像していなかった理由でした。

NHKの番組(クローズアップ現代)によって、さらに売上が伸び、月間ランキング1位も2ヶ月連続で取り、秋にはミリオンセラーとなりました。

ということは、今考えると、広告はある読者の "The Personal Truth" に注目を喚起するきっかけを提供しただけで、それを今度はNHKのディレクターがうまい具合に引き継いでくれたという、稀なコラボレーションだったのだと思います。

当然、本自体の良さは大きな要因です。誰もが共有できるキリスト教の精神を、これほどまでにわかりやすく書いた本は、なかったように思います。そのあと、著者がずっとメジャーな立場に居続けているのは、本の売上の全てを研究活動に回すなど、その利他的な人格に拠るところも多いと思います。

しかし、この本がミリオンセラーにまでなったのは、本を読む側の "The Personal Truth" が、テレビによって、より深く掘られたからだと思います。

当然、そこには、偶然の力もたくさん働いています。まあ、こういうことは、一生で一度だけかも知れませんね(笑)。